Topトップへ

保育内容研究Ⅴ(こどもの音楽表現) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育内容研究Ⅴ(こどもの音楽表現)担当: 萬 司(よろず つかさ)

開講コース

保育学科 2年次 前期

目的と内容および到達目標

幼稚園教育要領・保育所保育指針・幼保連携型認定こども園教育・保育要領に示されている幼児期の表現についての理解を深め、音楽の表現力を高めるための指導方法について学ぶ。また、演習による実践的・主体的な学びを展開する。
  
到達目標は以下のとおりである。
 ・子どもの発達の段階を理解し、年齢や季節に応じた表現活動を指導することができる。
 ・子どもに興味や関心を持たせ、主体的な活動を計画することができる。
 ・保育者として、楽曲にふさわしい表現をすることができる。

授業計画

[前期]
1.幼稚園教育要領等における領域「表現」の内容とは
2.音楽理論①(コードやコード進行の理解と実践)
3.コードを活用したピアノ伴奏法①:基礎編
4.コードを活用したピアノ伴奏法②:応用編(『簡易ピアノ伴奏による 実用 こどもの歌曲200選』より)
5.コードを活用したピアノ伴奏法③:発展編(『簡易ピアノ伴奏による 実用 こどもの歌曲200選』より)
6.コードを活用したピアノ伴奏法④:ミニ発表会〔実技試験含む〕
7.音楽理論②(拍子やビートの理解と実践)
8.器楽合奏の指導法①:基礎編(リズム楽器他)
9.器楽合奏の指導法②:基礎編(和楽器他)
10.器楽合奏の指導法③:応用編(合奏指導)
11.器楽合奏の指導法④:ミニ発表会〔実技試験含む〕
12.音楽理論③(速度と強弱の理解と実践)
13.歌唱の指導法①:基礎編(『うたっておどっておもちゃ箱PART1』より)
14.歌唱の指導法②:応用編(『うたっておどっておもちゃ箱PART2』より)
15.歌唱の指導法③:ミニ発表会〔実技試験含む〕

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

実践的な指導方法について、具体的な事例を提示しながら授業を展開する。特にグループ演習では、指導法や演奏技能の共通認識が必要であるため、授業準備をしっかり行うこと。

試験と成績評価

ピアノ伴奏法、器楽合奏の指導法、歌唱の指導法の3点について実技試験(60%)を実施する。加えて、伴奏法や指導法に関するレポートの内容(30%)、課題や練習への取組みの様子(10%)として評価を行う。
なお、グループで演奏を発表し実技試験とする場合は、グループ全体への評価ではなく(メンバーに一律の評価点を与える方法ではなく)、学生個々に対する評価とする。

担当教員から受講生諸君へ

楽器の演奏技能は運動能力と関係する部分もあり、さまざまな情報を同時処理して可能となる。そのため、それらを一つずつ丁寧に分析し、段階的に積み重ねることによって身に付くと考えられる。この科目が、理論と実技が結びつくものとなるよう主体的に活動してほしい。

使用教材

必要に応じて資料を配付するが、音楽Ⅰ~Ⅲで使用した教科書を適宜活用する。