Topトップへ

保育内容研究Ⅱ(こどもと人間関係) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育内容研究Ⅱ(こどもと人間関係)担当: 保坂 和貴(ほさか かずたか)

開講コース

保育学科 1年次 後期

目的と内容および到達目標

「人間関係」は、幼保連携型認定こども園教育・保育要領、幼稚園教育要領、保育所保育指針に示される領域の一つであるに留まらず、誕生から死までの生涯発達の過程において、人間の存在の根幹をなすものである。乳幼児期の人間関係は学習・発達の基盤としてその後の生を育むだけではなく、乳幼児期であるからこそ「大人」では簡単には達成できないような豊かな調整能力も垣間見られる。本授業では、乳幼児期の子どもの人間関係の具体的なあり方と学びと育ちを理解するとともに、受講者自らの人間関係を遡求することで、領域「人間関係」を批判的に吟味し、自らの人間関係観を確立すること、そしてそれを基に保育実践を計画できるようになることを目的とする。

到達目標は以下のとおりである。
・ 領域「人間関係」のねらい及び内容を、他の領域との関連を踏まえて理解する。
・ 乳幼児期における子どもの生活と発達に即して領域「人間関係」を理解する。
・ 領域人間関係および他の領域との関連のなかで保育の指導案を作成し実践することができる。
・ 情報機器を活用して保育を計画し、記録し、表現することができる。

授業計画

[後期]
1.領域「人間関係」と人間関係:5領域の意味と人間関係の位置付け
2.自己と他者①:「私・自己・自我」とは何か
3.新入園時期の保育の構想①〜揺れる自己〜:指導案作成
4.新入園時期の保育の構想②〜揺れる自己〜:模擬保育
5.自己と他者②:「他者」とは誰か
6.いざこざと保育の構想①:指導案作成
7.いざこざと保育の構想②:模擬保育
8.個と集団①:仲間関係と遊びの充実
9.共同/協同遊びと保育の構想①:指導案作成
10.共同/協同遊びと保育の構想②:模擬保育
11.個と集団②:家族をめぐって
12.社会と文化①:規範意識の芽生え
13.園のルール・遊びのルールの指導案作成と模擬保育
14.社会と文化②:地域のなかの子ども
15.自立と人間関係:人間関係をとりまく現代的課題

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

本授業は演習科目であり、指導案作成や模擬保育を含んでいる。事例の提示、指導案作成、模擬保育のサイクルで授業を進める。

試験と成績評価

レポート(30%)、指導案の作成・模擬保育(60%)、リアクションペーパー(10%)

担当教員から受講生諸君へ

人と人との「間」が、乳幼児期の育ちとともにどのように変化していくかを理解し、それを通して自らの人間関係のあり方について考えを深めてほしい。

使用教材

教科書 :育ての心(上) 倉橋惣三(2008) フレーベル館
     幼稚園教育要領(平成29年3月告示 文部科学省)
   保育所保育指針(平成29年3月告示 厚生労働省)
   幼保連携型認定こども園教育・保育容量(平成29年3月告示 内閣府、文部科学省、厚生労働省)
参考書 :事例で学ぶ保育内容<領域>人間関係 無藤隆・岩立京子他(2008)萌文書林