Topトップへ

保育の心理学Ⅱ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育の心理学Ⅱ担当: 有好 恵子(ありよし けいこ)

開講コース

保育学科 1年次 後期

目的と内容および到達目標

保育という営みにとって、子どもの心のあり方、成長発達を理解することは必要不可欠である。
保育現場での具体的な事例に基づき、子どもの成長発達の特徴を理解しながら、保育者はどのような援助し働きかけていくべきであるかを考える。
また、絵本に描かれている子どもの姿から気持ちを汲みとり、理解していくことで子どもの気持ちを分析的に考える力をつける。

 到達目標は以下のとおりである。
  保育者になる自分をイメージする。
  子どものいろいろな気持ちについて理解する。
年齢に即した子どもの心理の理解やかかわり方について考えることが出来るようになる。

授業計画

[後期]
1.オリエンテーション
2.絵本から読み取る子どもの心理
3.発達を通じた子どもへの理解
4.個人差や発達過程に応じた保育
5.環境としての保育者と子どもの発達
6.子どもの相互の関わりと関係づくり
7.自己主張と自己統制
8.子ども集団と保育の環境
9.子どもの生活と遊び
10.子どもの遊びと学び
11.子どもの感性と絵本
12.生きる力の基礎を養う
13.基本的生活習慣の獲得の援助
14.自己の主体性の形成の援助
15.まとめ  現代社会における子どもの発達と保育の課題

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

保育における心理、(子ども・保護者・保育者)について事例を通して考える。
保育現場での事例を紹介し、それらについて自分の意見をまとめたり、グループディスカッションしたりする。
絵本の中に子どもの心理が表れているものが多数ある。その中から1冊を選び、分析し発表する。

試験と成績評価

絵本分析の発表(30%)、授業内でのディスカッション(30%)、小レポート提出(20%)、授業への参加状況(20%)から総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

担当教員は保育現場で働く者として、現場での生き生きとした子どもの姿や保護者とのやり取りなどを伝える。
保育者となった自分をイメージしながら積極的に授業に参加してほしい。

使用教材

教科書 : 『保育の心理学演習ブック』松本峰雄監修 ミネルヴァ書房
参考書 : 『子どもへのまなざし』佐々木正美著 福音館書店
      『はじまりは愛着から』佐々木正美著 福音館書店