Topトップへ

保育内容Ⅴ(子どもの音楽表現) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育内容Ⅴ(子どもの音楽表現)担当: 土門 裕之(どもん ひろゆき)

開講コース

保育学科 1年次 後期

目的と内容および到達目標

  領域「表現」のねらい及び内容を理解するとともに、乳幼児の発達や学びの過程を理解し、領域「表現」に関わる具体的な指導場面を想定した保育を構想する方法を身に付ける。
到達目標は以下のとおりである。
・子どもの音楽表現(保育内容)のねらい及び内容、乳幼児が経験し身に付けていく内容と指導上の留意点並びに全体構造を理解している。
・養護及び教育に関わる保育の内容が、それぞれに関連性を持つことを理解し、評価の考え方、小学校の教科等とのつながりを理解している。
・乳幼児の心情、認識、思考及び動き等を視野に入れた保育の構想の重要性を理解している。
・子どもの音楽表現(保育内容)の特性および乳幼児の体験との関連を考慮した情報機器及び教材の活用方法を理解し、保育構想に活用することができる。
・指導案の構想を理解し、具体的な保育を想定した指導案を作成するとともに、模擬保育とその振り返りを通して、保育を改善する視点を身に付けている。
・子どもの音楽表現(保育内容)の特性に応じた保育実践の動向を知り、保育構想の向上に取り組むことができる。

授業計画

[後期]
1.子どもの音楽表現(保育内容)のねらい・内容を踏まえて、年間を通した音楽表現活動指導の展開を考える。
2.乳幼児の年齢別音楽表現実践例 演習:季節(春)(夏)の歌と簡易な伴奏法・表現のための身体の用い方。
3.保育者自身の感性を豊かにする取り組み。(五感を研ぎ澄ます)
4.身近な素材(動物)を模した表現活動の展開を考える 演習:擬音による表現遊び。
5.自然、身近な素材(音)を用いた表現活動の展開を考える 演習:風・雨・鳥の鳴き声等を題材に。
6.身近な素材を用いた表現活動 演習:季節(秋)(冬)の歌と簡易な伴奏法・表現のための身体の用い方。
7.環境に目を向け、身近にある音に気付き、楽しむためのスキルを学ぶ。
8.保・幼小接続、乳幼児期に「音を意識し音楽に触れることの意義」等について発達を理解しながら検討する。
9.環境を踏まえた教材研究、学びの応用 演習:木の実などを使った手作り楽器製作とその導入法。
10.領域「表現」の特性および乳幼児の体験との関連を考慮した情報機器及び教材の活用方法。
11.指導案の構想、作成。
12.模擬保育。
13.模擬保育の振り返り。
14.子どもの表現活動に対する共感と受容の大切さを考える。
15.「子どもの音楽表現」の評価視点について。

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

実技と理論的学習をミックスしながら展開する。

試験と成績評価

授業への参加意欲・態度の評価(20%)
レポートや小課題等の提出物(30%)、発表等による知識・理解、技能、創意工夫、完成度の総合的評価(50%)

担当教員から受講生諸君へ

羞恥心を捨てて積極的に表現活動を学んで欲しい。動きやすい服装で受講すること。

使用教材

教科書:「うたっておどっておもちゃ箱1&2」編集著者:鈴木恵津子(教育芸術社)
    「音楽の基礎」著者:木許隆・土門裕之他(圭文社)
    「改訂 幼児のための音楽教育」編者:神原雅之・鈴木恵津子(教育芸術社)
参考書:幼稚園教育要領(平成29年3月告示 文部科学省)
    保育所保育指針(平成29年3月告示 厚生労働省)
    幼保連携型認定こども園教育・保育要領(平成29年3月告示 内閣府、文部科学省、厚生労働省)
    必要に応じて適宜紹介するとともに参考資料等を配布する。