Topトップへ

図画工作 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

図画工作担当: 山田 英吉(やまだ えいきち)

開講コース

保育学科 1年次 前・後期

目的と内容および到達目標

子どもたちが絵を描いたり、粘土や紙・木材などで造形活動をすることは、幼児教育の中でも重要な位置を占めている。しかし、絵を描いたり、紙や木での造形、粘土などで形をつくるためには、そのための基礎的な力『基礎能力』が必要である。造形活動を楽しみ、表現の意欲を持つためには、この『基礎能力』を発達に応じて身につけさせなければならない。そして、教える側は教師としての基礎能力を身につけなければならない。

到達目標は以下のとおりである。
・乳幼児の表現能力の発達段階を理解する。
・発達段階に合った指導内容・方法を理解する。
・描画や造形に関わる素材、用具の扱いを理解する。

授業計画

[前期]
1.ガイダンス、乳幼児の美術教育、課題提出
2.素材・用具の理解と扱い方(紙とハサミ)
  製作「パッケージ」
3.描画材の選び方・使い方(クレヨン・水彩絵具)
  体験から生まれる表現
4.描画表現の基礎能力Ⅰ クレヨン
5.鑑賞活動
6.描画表現の基礎能力Ⅰ スクラッチ
7.描画表現の基礎能力Ⅱ 水彩絵具(点描技法)  
8.描画表現の基礎能力Ⅲ 水彩絵具(にじみ技法)
9.描画表現の基礎能力Ⅳ コラージュ
10.描画表現の基礎能力Ⅴ 混合技法
11.食べ物を描く(1)
12.顔を描く
13.自画像を描く
14.全身を描く
15.粘土による表現活動Ⅰ こむぎこ粘土

[後期]
1.粘土による表現活動Ⅱ テラコッタ(ポーズ)
2.粘土による表現活動Ⅲ テラコッタ(土鈴)
3.工作の基礎能力、道(用)具・材料の選び方・使い方
4.工作活動Ⅰ 紙トンボ(牛乳パック)
5.工作活動Ⅱ むくむく(紙コップ・傘袋)
6.工作活動Ⅲ グライダー(紙皿)
7.食べ物を描く(2) 季節の果物
8.版画による表現活動 (ステンシル技法)
9.版画による表現活動・作品展示
10.工作活動Ⅳ CDコマ
11.工作活動Ⅴ 保育室を飾るつり下げ製作
12.工作活動Ⅵ 折り紙の共同製作
13.工作活動Ⅶ 保育室を飾る共同製作
14.年齢別の造形指導と年間計画
15.まとめ(反省と評価)

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

講義で学んだことを実技で確かめていく。
色々な素材を子どもの発達段階を踏まえて教材化し、その指導内容・指導方法を学ぶ。
「(評価(ほめられ)シート」を作成して、個性や多様な表現に対するコメント力の向上を図る。

試験と成績評価

授業態度と実技・作品の内容で総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

幼児の造形教育を考えるとき、基礎能力というものが根本的な問題になる。教師が真剣に指導に取り組むとき、基礎能力をどの子にもおくりとどけようと考える。そのためには、教師としての基礎能力を自らが身につけなければならない。
美しいものを愛し、美しいものを自らの手で作り出す。醜いものを拒み、醜いものを美しいものへと変えていく。そんな心と力をこの講義と実習の中で育ててほしいと願っている。

使用教材

資料 :テーマ別に作品例を提示し、必要に応じて製作手順や展開方法を掲載した資料を配布する。
用具 :幼児向けの描画用具、工作用具等を購入して使用する。