Topトップへ

造形表現 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

造形表現担当: 山田 英吉(やまだ えいきち)

開講コース

保育学科 2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

様々な造形素材を教材として扱う知識や技術を演習・実技を通して高めましょう。目的は、保育の現場の環境や幼児の実態を踏まえた教材や指導方法を工夫・改善できる実践力を向上させることです。

到達目標は次のとおりです
・ 素材の持つ造形上の特性についての理解を深め、教材化のための知識・技術を向上させる。
・ 日本の伝統的造形表現についての理解を深める。
・ 乳幼児の造形表現の教材や指導法の改善、教材開発に取り組む意欲・態度を向上させる。

授業計画

[前期]
1.オリエンテーション・紙を素材とした造形表現
2.紙を素材とした造形表現(立体構成:イメージ表現)
3.紙を素材とした造形表現(カーネーション)
4.紙を素材とした造形表現(和紙と伝統描法)
5.紙を素材とした造形表現(マーブリング技法)
6.紙を素材とした造形表現(マーブリングした紙から)
7.紙を素材とした造形表現(動くペーパークラフト)
8.紙を素材とした造形表現(パクパク人形・デザイン)
9.紙を素材とした造形表現(パクパク人形・製作)
10.紙を素材とした造形表現(パクパク人形・小芝居)
11.粘土を素材とした造形表現(オノマトペのイメージ)
12.粘土を素材にした造形表現(ドールハウスデザイン)
13.粘土を素材にした造形表現(ドールハウスのパーツ)
14.木材を素材とした造形表現(ドールハウス組立)
15.木材を素材とした造形表現(木の枝から)

[後期]
1.様々な素材を用いた造形表現(立体凧のパーツ製作)
2.様々な素材を用いた造形表現(立体凧・骨組み)
3.様々な素材を用いた造形表現(立体凧・フィルム)
4.様々な素材を用いた造形表現(立体凧・組立・着彩)
5.様々な素材を用いた造形表現(凧揚げ)
6.様々な素材を用いた造形表現(自然物のリース)
7.様々な素材を用いた造形表現(秋のリース・デザイン)
8.様々な素材を用いた造形表現(秋のリース・パーツ)
9.様々な素材を用いた造形表現(秋のリース・組立)
10.様々な素材を用いた造形表現(モビール・デザイン)
11.様々な素材を用いた造形表現(モビール・パーツ)
12.様々な素材を用いた造形表現(版画・デザイン)
13.様々な素材を用いた造形表現(版画・版づくり)
14.様々な素材を用いた造形表現(版画・印刷)
15.まとめ

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

様々な素材との触れ合いの中で、様々な表現活動が展開されます。表現のための基礎能力を高め、創意工夫する力を育てていきます。対象としっかり向き合う創作活動によって指導者としての力も高まります。
創作活動は、個人の取組と集団での取組の両方を取り上げます。

試験と成績評価

取組の態度と作品の内容で総合的に評価します。

担当教員から受講生諸君へ

造形作品を見る目を高めることが大切です。よいものをたくさん見る。表現の多様性を知る。そして、自らが作る側に立つことによってより高まります。保育の中で子どもたちに造形の基礎を伝えますが、教える側にもそのための基礎能力が必要です。やむを得ず授業を欠席した場合でも、作品は完成させるよう努めて下さい。

使用教材

教科書:指定はしません。題材ごとに作品例を提示し、資料プリントを配布します。
参考書:必要に応じて実践例や参考図書を紹介します。