Topトップへ

造形表現 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

造形表現担当: 山田 英吉(やまだ えいきち)

開講コース

保育学科 2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

様々な造形素材を教材として扱う知識や技術を演習・実技を通して高めよう。目的は、保育の現場の環境や幼児の実態を踏まえた教材や指導方法を工夫・改善できる実践力を向上させることである。

 到達目標は次のとおりである
・素材の持つ造形上の特性についての理解を深め、教材化のための知識・技術を向上させる。
・日本の伝統的造形表現についての理解を深める。
・乳幼児の造形表現の教材や指導法の改善、教材開発に取り組む意欲・態度を向上させる。

授業計画

[前期]
1.オリエンテーション・紙を素材とした造形表現
2.紙を素材とした造形表現(立体構成:イメージ表現)
3.紙を素材とした造形表現(カーネーション)
4.紙を素材とした造形表現(和紙と伝統描法)
5.紙を素材とした造形表現(マーブリングした紙から)
6.紙を素材とした造形表現(マーブリングした紙から)
7.紙を素材とした造形表現(動くペーパークラフト)
8.紙を素材とした造形表現(紙容器から)
9.紙を素材とした造形表現(マスク)
10.紙を素材とした造形表現(マスク)
11.粘土を素材とした造形表現(ドールハウス)
12.粘土を素材にした造形表現(こむぎこ粘土)
13.粘土を素材にした造形表現(ドールハウス組立)
14.木材を素材とした造形表現(木の枝から)
15.木材を素材とした造形表現(木の枝から)

[後期]
1.様々な素材を用いた造形表現(凧の歴史・平面凧)
2.様々な素材を用いた造形表現(立体凧:1面・2面)
3.様々な素材を用いた造形表現(立体凧:3面・4面)
4.様々な素材を用いた造形表現(立体凧:組立・糸巻き)
5.様々な素材を用いた造形表現(凧揚げ)
6.様々な素材を用いた造形表現(アゲハチョウ凧)
7.様々な素材を用いた造形表現(インスタレーション)
8.様々な素材を用いた造形表現(リース:自然物)
9.様々な素材を用いた造形表現(保育室を飾るリース)
10.様々な素材を用いた造形表現(リースのパーツ)
11.様々な素材を用いた造形表現(リースの組立)
12.様々な素材を用いた造形表現(版画:下図)
13.様々な素材を用いた造形表現(版画:版づくり)
14.様々な素材を用いた造形表現(版画:印刷)
15.まとめ

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

様々な素材との触れ合いの中で、様々な表現活動が展開される。表現のための基礎能力を高め、創意工夫する力を育てていく。対象としっかり向き合う創作活動によって、指導者としての力も高まる。
創作活動は、個人の取組と集団での取組の両方を取り上げる。

試験と成績評価

取組の態度と作品の内容で総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

造形作品を見る目を高めることが大切である。よいものをたくさん見る、表現の多様性を知る、そして、自らが作る側に立つことによってより高められる。保育の中で子どもたちに造形の基礎を伝えるが、教える側にもそのための基礎能力が必要である。やむを得ず授業を欠席した場合でも、作品は完成させることが大事である。

使用教材

資料 :必要に応じて配布する。
用具 :1年次に購入したものを継続して使用する。