Topトップへ

幼稚園教諭論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

幼稚園教諭論担当: 山田 克已(やまだ かつみ)

開講コース

保育学科 1年次 後期

目的と内容および到達目標

幼稚園教諭には、保護者が育ててきた大切なお子さんが集団生活を通して、基本的生活習慣や社会的生活習慣を身につけ、自立していくためにその援助をし、一人ひとりの発達を助長させ、「生きる力」を育むことができるような保育を展開していくことが望まれている。よって本講義は、幼稚園教諭の具体的な仕事内容を知り、それらを行うための基本的な知識や考え方を学ぶと共に、幼稚園での大きな行事ともなっている「生活発表会」あるいは「お遊戯会」の取り組み方を工夫することが、年間を見通した保育を展開することにつながることを学ぶ。

到達目標は以下のとおりである。
・幼稚園・保育園・認定子ども園の違いを理解し、説明することができる。
・幼稚園教諭の業務内容を知り、基本的な知識を身に付けることができる。
・保育内容を目的に合わせて指導案を立案することができる。
・発達に遅れのある子どもの理解とその支援のあり方を理解することができる。
・生活発表会、お遊戯会などの行事の仕方を理解することができる。

授業計画

[後期]
1.アンケート調査・オリエンテーション
2.幼稚園と保育園の違い
3.認定子ども園の仕組み
4.幼稚園教諭の業務
5.指導計画と保育内容
6.導入の意義とその方法
7.ライブ感覚を持つことの重要性
8.手遊びの意義と実際
9.自由活動のあり方
10.発達に遅れのある子ども(ADHD)
11.発達に遅れのある子ども(LD)
12 発達に遅れのある子ども(高機能自閉症)
13.知能検査と発達検査
14.発表会の重要性
14.発表会の取り組み方
15.発表会における具体的な指導方法

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

講義形式のみならず演習形式でも行う。DVDなどを参考に幼稚園教諭のイメージが湧く方法を用いる。

試験と成績評価

ペーパー試験の点数及び提出物等を総合して評価する。

担当教員から受講生諸君へ

各自が、自分の目指す教師像を明確にすることができれば、後はそれに向かっての具体的な方策を実践していくだけである。一人ひとりが受講する中でその足がかりを見つけ出すことが本講義の大きなねらいであることを念頭に置き、積極的な姿勢で臨んでもらいたい。

使用教材

教科書:『ADHD及びその周辺の子どもたち』・『学習障害(LD)及びその周辺の子どもたち』・『高機能自閉症及びその周辺の子どもたち』『幼保連携型認定こども園教育・保育要領解説』
参考書:各種資料を適時配布。