Topトップへ

相談援助 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

相談援助担当: 高野 和美(たかの かずみ)

開講コース

保育学科 2年次 前期

目的と内容および到達目標

近年、家庭や地域の子育ての力が弱まり、子どもへの虐待などさまざまな家庭の問題や子どもの心配な行動などが社会問題としてとりあげられています。こうした背景の中で保育所、幼稚園、学童保育所、子育て支援センターなど地域の子どもたちに関わりのある施設・機関に支援が求められています。保育者としてこのような時代の要請に応じられるよう、「相談援助」の基礎についてしっかり学びたいと考えています。
演習を中心とした科目なので教員が一方的に話すのではなく、グループワークやロールプレイによって実践することで「技術を身につけて」いける機会とします。そして、保育者として求められる「援助とはなにか」をひとりひとりの学生が考えていけることを目標とします。

到達目標は以下のとおりです。
・専門職が行う「相談援助」とは何か、理解することができる。
・他者を理解すること、そして自分自身を理解することの必要性を知ることができる。
・援助するにあたってのコミュニケーションスキルを身につけることができる。
・ケースワークやグループワークなどの援助技術を理解することができる。
・面接技法を身につけることができる。
・利用者が抱える課題や、心情を理解し、共感することができる。

授業計画

[前期]
1.オリエンテーション・相談援助とは何か
2.援助における他者理解・自己理解
3.専門職としての倫理・価値観
4.援助におけるコミュニケーション
5.相談援助の方法と理解①〜相談援助の過程
6.相談援助の方法と理解②〜バイスティック7原則と面接技術
7.相談援助の方法と理解③〜面接場面の実際
8.相談援助の具体的展開①〜ケースワークについて
9.相談援助の具体的展開②〜事例から学ぶ
10.小集団を活用した援助(グループワーク)
11.記録と評価
12.関係機関や他職種との連携
13. 事例検討①(授業内容に関連する個別事例を挙げ、検討を行う)
14.事例検討②(授業内容に関連する個別事例を挙げ、検討を行う)
15.まとめ:相談援助とは何かについて振り返る

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

講義形式のほか、ロールプレイやグループワークなど演習を中心に展開します。また随時ミニレポートの提出を求めます。

試験と成績評価

定期試験・講義や演習への参加・出席状況・ミニレポートにより評価します。演習を中心とした授業ですので、そこでの知識や技術の積み重ねを大切に考えます。よって授業への参加・出席状況は重視します。

担当教員から受講生諸君へ

子どもやその保護者をとりまく社会情勢はますます厳しくなっており、その身近な支援者である保育士・幼稚園教諭にはとくに大きな期待が寄せられています。相談援助の実際を学ぶなかで、専門職として何ができるのか、何をしなければならないかを考えていける授業を、皆さんと一緒に作っていきたいと思っています。

使用教材

教科書:「保育者のための相談援助」小林育子・小舘静枝・日高洋子  萌文書林
参考書:特になし