Topトップへ

ソルフェージュ(初級) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

ソルフェージュ(初級)担当: 土門 裕之、村中 幸子

開講コース

保育学科 1年次 後期

目的と内容および到達目標

本演習は、ダルクローズ・リトミック・エレメンタリー資格取得に必要な基礎的音感の育成、正しい音程による歌唱力の獲得を目的としている。また、自己の音楽力、音感を高め、幼児教育での音楽指導に必要な総合的音楽力を身につけることを目標としている。

到達目標は以下のとおりである。
・資格取得に必要な音感、読譜力を取得できる。
・音感育成のための自己学習、自己成長の方法を理解できる。
・心地よい響きの声と正し呼吸法を学習し、正しい音程で歌うことが出来る。

授業計画

[後期]
1.長音階、短音階、ダルクローズスケール(音階)の理解と記譜の学習①
2.長音階、短音階、ダルクローズスケール(音階)の理解と記譜の学習②
3.全音程と半音程の理解、簡単な単旋律・和音聴音(ハ長調)
4.全音程と半音程の理解、簡単な単旋律・和音調音(ト長調)
5.簡単な単旋律・和音調音(ヘ長調)歌唱練習①
6.簡単な単旋律・和音調音(イ短調)歌唱演習②
7.身体を用いた様々な拍子の理解Ⅰ
8.身体を用いた様々な拍子の理解Ⅱ
9.カノン、インターラクティブカノンの理解
10.トナリティー(調性感覚)の獲得と主音の理解①
11.トナリティー(調性感覚)の獲得と主音の理解②
12. 視唱練習
13.視唱練習と即興歌唱表現①オノマトペ
14.視唱練習と即興歌唱表現②絵楽譜の表現
15.ダルクローズソルフェージュ総論

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

音楽課題を体験によって身体で理解しながら、個々のソルフェージュ能力を高めていく。

試験と成績評価

毎時、到達度確認のための個別実技チェック(調音・記譜を含む)を実施する。また、教材として扱う楽譜等による歌唱力評価も適宜実施し、総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

次週の課題は事前に提示されるので、予習を行ってから授業に臨んでほしい。また、音楽的技能や能力、感性を育むには膨大な時間を要するため、十分な復習、自己学習が必要である。常に、動きやすい服装で受講すること。

使用教材

教科書 :基礎科目入門で用いるテキスト全てを相互連関的に用いる。
参考書 :各課題に関する学習資料を毎時配布する。