Topトップへ

総合芸術 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

総合芸術担当: 各専任教員、前田・藤井

開講コース

保育学科 1年次 後期

目的と内容および到達目標

総合芸術(ミュ-ジカル)は33年の実績と伝統に支えられた本学保育学科の特徴的講座である。本講座では、
指導力・企画力・協調性・忍耐力・集中力など、様々な人間力を育み、感動の涙を自ら体験することを第一の
目標としている。
  自己飛躍のために、学生個々が最大限の努力をもって送る日々。通常形態の授業では伝えられない多くのこ
とを学生諸君は自ら学習してくれるものと確信している。学生時代にしか体験できない貴重な思い出を創って
もらえれば幸いである。なお、過去の公演映像等は本学ホームページにて鑑賞できるので、参考にしてもらい
たい。

到達目標は以下のとおりである。
・活動当初に定めた自己到達目標達成のため努力をすることができる。
・集団活動での責任感や協調性、主体性などを常に意識して活動することができる。
・所属セクションでの役割を最後までやり遂げることができる。

授業計画

公演日は平成30年2月下旬を予定。

以下のような活動分野があり、それぞれの活動計画によって後期(9月中旬)より制作が進められる。

<制作スタッフ> 
1 キャスト
  2 音響
  3 舞台美術(大道具・小道具)
  4 衣装・メイク・ヘアメイク
 5 舞台監督部

<事務局スタッフ>
 1 総務 会計
  2 広報渉外


保育学科全専任教員の他、以下の非常勤講師が指導にあたる。

前田順二  講  師  演技指導
藤井綾子  講  師  衣装製作指導・ダンス指導

単位数

2単位、授業週数:集中

講義の進め方

実際には、10月上旬から2月下旬の公演日に向けて活動する。
通常授業期間中の活動は原則として月・水・金(16:00~17:20)土曜(9:10~16:00)。
なお、水曜日(16:00~17:20)土曜日、休暇期間の活動は授業外時間(課外)活動となっている。
休暇期間を利用した活動は、日曜祭日を除く平日(9:10~16:00)。ただし、年末年始の活動は例年行わない。

試験と成績評価

試験は行わない。活動状況を総合的に判断して評価を行なう。 

担当教員から受講生諸君へ

受講にあたっては、自己の特性を鑑み、長所を生かす形での参加が望ましい。自己管理を怠ることなく、最大限の努力をもって、受講して欲しい。単位認定はできないが、農学ビジネス学科の学生の参加も可能であり、例年10名ほどの他学科学生の受講・参加がある。

使用教材

台本や楽譜など、必要な資料は、授業で配布する。また、公演後は活動過程・公演を収録したDVDが製作される。