Topトップへ

初級簿記 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

初級簿記担当: 本田 陽美子(ほんだ よみこ)

開講コース

環境農学 1年次 前期

目的と内容および到達目標

農業経営を支える両輪は、栽培や飼養の管理技術と経営管理技術である。この片輪である経営管理の基礎となるデータや情報を把握するために、複式簿記記帳が必要となる。また、現在の農業収入等は、政策に左右されることも多くなっている。
そこで、経営実態を計数で把握できる技術の修得と収入保険制度や経営所得安定対策等の農業情勢に目を向けて経営感覚を身につけることが大切となる。
到達目標は以下のとおりである。
 ・簿記用語と取引仕訳に慣れ、適切な簿記処理を行える 
 ・簿記記帳を通して、農産物代金支払や補助制度によるお金の流れなど経営内容を理解する
 ・農業の制度や施策への知識を習得し、経営感覚を身につける

授業計画

[前期]
1.ガイダンス・簿記とは
2.クミカン制度について・簿記の手続きの流れ
3.記帳を始める前に・勘定科目について
4.勘定科目について(農業特有の勘定科目・取引要素)
5.具体的な仕訳・仕訳帳・合計残高試算表
6.収益と費用の記帳・農業特有の会計処理・経営安定対策等交付金
7.流動資産・流動負債・消費税制度
8.固定資産(減価償却資産)の減価償却方法・農業経営基盤強化準備金制度
9.育成仮勘定・資産の売却と除却方法・認定新規就農者
10.決算書の作成・農業者年金の政策支援
11.決算書の作成・精算表と決算整理後合計残高試算表作成
12.損益計算書と貸借対照表・労災保険
13.目指す農業経営を描く
14.損益計算書と貸借対照表から見る青色申告・収入保険制度
15.特徴的な仕訳と期末決算処理まとめ・簿記を農業に活かす

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

・授業計画に沿って、教科書、配付資料、スライドを使用
・講義を中心に演習により記帳技術を身につけ、一部ワークショップを行う

試験と成績評価

小テスト(5回 15%)、期末テスト(50%)、課題(2回 20%)、受講姿勢(15%)等を総合的に判断する。
詳細については、初回講義時に説明する。

担当教員から受講生諸君へ

農業簿記の理論の習得とともに、農業経営者として役に立つ簿記の講義を目指します。専門用語も多いことから、難しいイメージを持つかもしれませんが、できるだけ具体的な事例を示し理解を進めます。記帳技術の習得には反復学習が必要となりますが、簿記記帳にとどまらず、現在の農業を取り巻く仕組みも交えた幅広い農業経営感覚を身につけましょう。

使用教材

教科書 :農業簿記検定教科書 3級  大原出版株式会社
     著者 一般社団法人 全国農業経営コンサルタント協会 学校法人 大原学園大原簿記学校
参考書 :特に指定しない