Topトップへ

初級簿記 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

初級簿記担当: 滝田 進(たきた すすむ)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 前期

目的と内容および到達目標

簿記とは企業の経営活動(=取引)を貨幣数値で表現する独特の技法を学ぶ。
  簿記のプロセスは、認識・測定・記録・伝達という一連の行為からなる。
  簿記の記録行為を担うのが複式簿記の理解である。
  簿記は取引によって生じる経済価値の増減変化を、「複式」と言う言葉が示すとおり「原因」と「結果」という
 2つの側面から把握する。
到達目標は以下のとおりである。
  ・簿記の基礎・基本のプロセス(簿記上の取引を記録・計算・整理)を理解する。
  ・財務諸表の分析と活用能力を理解する。
  ・日本商工会議所主催の簿記検定の受検を目指す。

授業計画

[前期]
1.複式簿記
2.複式簿記の構造
3.資産・負債・純資産(資本)
4.資産・負債・純資産(資本)と貸借対照表
5.収益・費用
6.収益・費用と損益計算書
7.取引・勘定・仕訳
8.仕訳帳と総勘定元帳
9.決算(予備手続き)と試算表の作成
10.決算(本手続き)と総勘定元帳の締切
11.決算(本手続き)と総勘定元帳の締切、貸借対照表と総益計算書の作成
12.精算表(6桁)の作成
13.複式簿記の仕組み
14.財務諸表の分析
15.財務諸表の活用

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

講義を欠席しない。(1講義の理解不足は、その後の講義が理解できません。) 理由のある欠席は補充する。
毎時の講義終了時に小テストを実施する。
講義内容と問題の反復学習を重視する。

試験と成績評価

小テスト、前期終了テスト、受講姿勢を重視。
予習・復習度合いにて向学心を図る。
日本商工会議所の簿記検定の合格者(3級以上の取得者)は単位取得とする。

担当教員から受講生諸君へ

簿記の基礎・基本(会計制度の修正があっても)は不易です。家計・行政・企業人として貨幣数値の財務管理で
きる能力の育成を目指す。
簿記のルールを修得し、貨幣数値の活用が可能となる。
財務管理を「正確・迅速・美しく」処理できる人材育成を図る。 

使用教材

教科書 :「入門企業簿記 理論と演習」拓殖大学会計教育研究会 編著
参考書 :日本商工会議所簿記検定問題集(受験級に合わせて個々人が購入)