Topトップへ

食農社会論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

食農社会論担当: 橋本 信(はしもと まこと)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 前期

目的と内容および到達目標

飢餓と飽食が並存する状況においてたえず食糧危機ということが問題とされるという世界の食糧事情について、食料自給率の向上がたえず課題とされる日本社会は無関心ではいられない現状にある。さらに、日本社会における食生活の欧米化やファーストフード化などによって生じる問題性が食生活と農業生産の乖離という問題とつながっていることに十分な関心を払わなければならない現状にある。こうした現状を踏まえて、食育の取組みが提起されている。

 到達目標は以下のとおりである。
・世界の食糧事情に関する基本的な知識を持っている。
・日本の食生活と農業に関する基礎的な知識を持っている。
・食育の取組みの現状と方向性を理解できている。

授業計画

[後期]
1.世界の食糧事情 ①飢餓と飽食の並存
2.世界の食糧事情 ②食糧危機という問題
3.世界の食糧事情 ③農産物貿易事情
4.世界の食と農の問題 課題レポート1
5.日本の食生活と農業 ①食生活の変容
6.日本の食生活と農業 ②農業の変容
7.日本の食生活と農業 ③食と農の関係
8.日本の食生活と農の問題 課題レポート2
9.食育について
10.食育の取組みの現状
11.食育の取組みの今後
12.食育をめぐる取組みについて 課題レポート3
13.現代社会の食と農の意味
14.現代社会における食と農の未来
15.現代社会における食農関係の現状と課題 課題レポート4

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

基本的・基礎的な知識を身につけるためのデータや資料および視覚的教材も活用しながら、毎回の授業時のテーマを丁寧に学ぶ。パワーポイントの活用を主としながら、データや資料および視覚的教材をどのように読み取り理解することが正確であるかについて留意する。そのためにも授業中の意見交換を重視する。

試験と成績評価

成績評価は、授業レポート30%、課題レポート70%で行う予定である。レポート1~4の提出方法はいずれも遠隔授業システムによる。詳細は初回授業時に説明する。

担当教員から受講生諸君へ

この科目の内容は固定した学説があるわけではなく、現在進行形のものである。それだけに自らが参加して創り上げることのできる面があり、受講生一人一人が参加して作り上げる授業にしたい。
なお、以下には主要な参考文献を挙げているが、この他の参考文献は授業時に紹介する。

使用教材

教科書 :指定しない
参考書 :『2020年 農業が輝く』相馬暁著(北海道新聞社 2004年)、『食の共同体』池上・岩崎・原山・藤原著(ナカニシヤ出版 2008年)、『食と農のいま』池上・原山著(ナカニシヤ出版 2011年)、『生活農業論』徳野貞雄著(学文社2011年)、『食の終焉』ポール・ロバーツ著(ダイヤモンド社 2012年)、『食と農の未来』佐藤洋一郎著(昭和堂 2013年)、『自由貿易解体新書』関良基著(花伝社 2012年)