Topトップへ

職業能力基礎(SPI)(2年) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

職業能力基礎(SPI)(2年)担当: 畠田 英夫(はただ ひでお)

開講コース

地域振興ビジネス 2年次 後期

目的と内容および到達目標

「SPI」は企業の採用試験で最も利用されているテストの名称です。大学の新卒者対象の選考で受検する可能性が非常に高いため、就職活動に臨む大学生は対策が必須です。試験内容は性格検査・言語分野・非言語分野の3つに分かれ、本講義では性格検査・言語分野の対策を主として講義を進めます。性格検査では、実際に性格検査をおこない、そこから知られる性格特徴を仕事選びや就職活動にどのように活用すればよいかについて説明します。言語分野の4種類の問題形式の対策・演習については具体的な解法を理解し覚えることに主眼を置き演習を行います。非言語分野では最頻出問題形式について概要と対策を学び、その後の就職試験対策を効率的に進める素地を養います。

到達目標は以下のとおりです。
・性格検査を通じて自己分析を深めることができる。
・「言語分野」対策を自分で講じることができる。
・「非言語分野」対策の方針を自分で立てることができる。

授業計画

[後期]
1.SPIとはなにか
2.性格検査の概要
3.性格検査の尺度と自己分析
4.性格検査診断表の活用の仕方
5.「言語分野」二語関係の対策・演習
6.「言語分野」熟語の意味・成り立ちの対策・演習
7.「言語分野」語句の用法の対策・演習
8.「言語分野」文の並べ換え・空欄補充・長文読解の対策・演習
9.「非言語分野」の概要と対策
10.「非言語分野」頻出問題1.推論・集合
11.「非言語分野」頻出問題2.順列・組み合わせ
12.「非言語分野」頻出問題3.確率
13.「非言語分野」頻出問題4.分数
14.「非言語分野」頻出問題5.座標と不等式
15.SPIの頻出問題の概要と対策(総まとめ)

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

ほぼ毎回授業時に演習をおこない、課題を提出してもらいます。
授業内外で約100問の設問の数学問題を解きながら、解法ノートを作成します。
以上のを通じて知識の確認をしつつ試験対策に直結する授業進行をします。

試験と成績評価

授業時に随時行う課題・小テスト・数学問題ノートの進捗を総合評価して成績評価をします。

担当教員から受講生諸君へ

解法の説明が平易で詳細な教材を利用します。自主的・積極的に課題に取り組み、就職試験対策をすすめてください。

使用教材

教科書:『これが本当のSPI3だ!』(洋泉社)
参考書:有益な参考資料をBlackboardにて随時配信する。