Topトップへ

施設園芸学 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

施設園芸学担当: 岩間 和人(いわま かずと)

開講コース

環境農学 1年次 後期

目的と内容および到達目標

人口増加に伴う食料生産不足。食料・栄養の周年供給、安定供給を可能とする上で、施設栽培は農業の中で非
常に重要な位置を占めている。また、施設園芸は、現在の農業の中で、最もゼロエミッションに近い農業である
ことも確かである。本講義は、蔬菜の施設栽培生産を中心に、農業における施設の役割を認識し、光合成や生理
作用の基本を十分に理解し、実際の栽培でどのように利用していくのかを講義する。今後の農業の中で施設を
どのように利用すべきかを考えてもらう。

到達目標は以下のとおりです。
・施設園芸学の基礎的な知識、作物生理を理解している。
・温室、ビニールハウスの管理手法に関する基礎的な知識を理解している。
・施設園芸の歴史と変遷、現状を理解し、個々の経営にあわせた適切な施設を選択する能力を備えている。

授業計画

[後期]
1.施設の歴史と施設内環境
2.我が国の施設園芸の現状と展望
3.施設・設備・被覆資材の種類・特性
4.施設園芸の生理・生態的特性、基本物理量
5.施設園芸の生理・生態的特性(1)光
6.施設園芸の生理・生態的特性(2)呼吸
7.施設園芸の生理・生態的特性(3)光合成
8.施設園芸の生理・生態的特性(4)光合成と環境条件
9.施設園芸の生理・生態的特性(5)光合成とCO2
10.施設園芸の生理・生態的特性(6)光合成と蒸散
11.施設内環境と管理技術(1)換気
12.施設内環境と管理技術(2)温度
13.施設内環境と管理技術(3)光
14.施設内環境と管理技術(4)管理機器・装置
15.施設栽培の現状と将来まとめ

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

机上の講義に加えて、実際の施設・設備についてできる限り写真等を利用し理解を深めてもらう。施設の構造を知らないことを前提に話を進め、暖房費や施設導入に必要な知識など、現場に則した内容も取り入れている。
毎回の講義の最後に10分程度の小テストと最終回にテストを行う。

試験と成績評価

授業への参加状況、小テスト、期末テストにより総合的に成績を評価する。

担当教員から受講生諸君へ

施設を導入することは、経営の安定化、リスク分散など、経営的にも意味のある分野だと思っています。北海道での施設栽培の重要性を認識し、作物の基本的生理を理解した中で施設栽培を理解すること。一方、世界的に農業に対する環境基準が厳しく設定される中で、農業者と消費者の両面から施設栽培のマイナス面とプラス面をグローバルに考えつつ、施設栽培の今後の位置づけについても考えていきます。

使用教材

適宜プリントを配付
参考書:『園芸学の基礎』(農文協)、『施設園芸ハンドブック』(日本施設園芸協会)、『最新施設園芸学』(朝倉書店)