Topトップへ

社会貢献・ボランティア | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

社会貢献・ボランティア担当: 橋本 信(はしもと まこと)

開講コース

地域振興ビジネス 2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

社会貢献・ボランティアの取組みを行うことによって、社会的・職業的自立を図るために必要な能力を培うことを目的としています。この取組みは、福祉分野、自然災害、環境保全・自然保護、伝統文化の継承、ミュージカル公演活動を含めた芸術活動など、広範囲にわたって行われます。また、活動は自主的に、社会的連帯性をもって、無償の行為として行われるものです。

到達目標は以下のとおりです。
・社会的自立を図るために必要な能力を発揮することができる。
・職業的自立を図るために必要な能力を発揮することができる
・地域における異世代間の相互理解を図ることができる。

授業計画

[前期]
*前期に実施の場合
1. ガイダンス①:取組みの仕方と事例紹介
2. ガイダンス②:取組みの確定
3. 事前研修
4. 〜13.社会貢献・ボランティアの取組み:地域担当者と協議・打ち合わせ(2コマ)、取組みの実施(4コマ)、実施後の担当者との改善協議(1コマ)、改善された取組みの実施(3コマ)
14.事後研修
15.取組みのまとめ

[後期]
*後期に実施の場合
1.ガイダンス①:取組みの仕方と事例紹介
2.ガイダンス②:取組みの確定
3.事前研修
4.〜13.社会貢献・ボランティアの取組み:地域担当者と協議・打ち合わせ(2コマ)、取組みの実施(4コマ)、実施後の担当者との改善協議(1コマ)、改善された取組みの実施(3コマ)
14.事後研修
15.取組みのまとめ

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

ガイダンス時に社会貢献・ボランティア活動の事例を紹介しつつ、受講学生の希望に沿って取組みを確定していく。実際の取組みに際しては、活動が授業等本学における学業の遂行を妨げない範囲内で行われなければならないので、休日や休暇の期間を活用する場合が多いと想定されるが、専任教員の巡回指導を実施する。

試験と成績評価

真摯な取り組みが求められることはもちろんであるが、事前・事後の研修の積極性も重視され、それらの成果としての取り組みのまとめをレポート作成という形で求める。
成績評価は、実際の取組内容、事前・事後の研修、取組みのレポートなどを総合的に勘案して行われる。

担当教員から受講生諸君へ

学生一人ひとりが自己責任の原則に立って行動することが厳しく求められる。自主的な活動であるとともに、社会的連帯性が強く求められる、無償の行為であるから、本学の学生代表としてふさわしい言動が常に要求される。このような自覚をもって地域社会に積極的に関わる姿勢と態度が期待される。

使用教材

教科書:指定しない
参考書:事前研修時に適宜指示する。