Topトップへ

社会福祉 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

社会福祉担当: 小銭 寿子(こぜに ひさこ)

開講コース

保育学科 1年次 前期

目的と内容および到達目標

社会福祉とは何かについて、概括的に学習する。社会福祉に関する海外・日本の歴史を学んだ上で、支援対象に応じた各領域について、社会福祉法制度の枠組みについて学習する。
支援当事者の権利擁護や社会福祉の援助技術について理解を深める。

到達目標は以下のとおりである。
 ・人々の生活課題と社会福祉の法制度の関係について理解する。
 ・社会福祉の領域について理解する。
 ・保育実践を含む社会福祉の援助実践について理解する。

授業計画

[前期]
1.オリエンテーション:社会福祉とは
2.社会福祉の構造・価値・倫理と社会の変化
3.社会福祉の歴史(イギリス・アメリカ)
4.社会福祉の歴史(戦前の日本)
5.社会福祉の歴史(戦後の日本)
6.社会福祉の基礎構造改革・2000年以降
7.社会福祉を支える仕組み(行政・財政・費用負担)
8.社会福祉の領域(社会保障)
9.社会福祉の領域(低所得者福祉)
10.社会福祉の領域(子ども家庭福祉)
11.社会福祉の領域(高齢者福祉・介護保険法)
12.社会福祉の領域(障がい者福祉・障害者総合支援法)
13.社会福祉の領域(地域福祉・利用者保護制度)
14.社会福祉の援助技術(ソーシャルワーク)
15.社会福祉の担い手(専門性・倫理綱領)

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

授業計画に沿って講義形式で教科書・資料をもとにすすめるが、適時質問や疑問に応じて対応する。

試験と成績評価

成績評価は、毎回のリアクションペーパー20%、試験80%の合計点とする。

担当教員から受講生諸君へ

保育士を目指す学生の基盤となる科目であり、幅広い福祉領域や多面的な対象理解につながるように日常的な生活課題について関心をもつことを望む。

使用教材

教科書 :石田慎二/山懸文治編著「新・プリマーズ/保育/福祉 社会福祉[第5版]」ミネルヴァ書房 
参考書 :「社会福祉小六法」ミネルヴァ書房