Topトップへ

日本経済発展論 (留学生科目) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

日本経済発展論 (留学生科目)担当: 髙橋 晃平(たかはし こうへい)

開講コース

地域振興ビジネス 2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

日本が近代化へのスタートをきったのは明治維新政府が樹立された1868年であった。その後、日本の近代化は成功し、1890年には資本主義も確立した。このように近年に至るまで自立的な資本主義による経済発展に成功した国はなく、他の多くの地域が途上国の域を脱し得なかったことを考えれば、日本は最後にスタートをきった資本主義の最終ランナーだと言って過言ではない。それから一世紀余を経た今日、日本は質的な経済力で言えば世界のトップランナーに到達した。
しかし、今日の世界経済の展望を鑑みれば、必ずしもこのトップランナーを維持できるものとは確信できなくなってきている。それは近年NIEs、BRICsの急速な経済成長が見られる反面、世界全体としての経済は停滞がみられるのが現状である。本講義は戦後から今日に至る日本経済の発展の要因は何であったか、またこのための政策・資本・技術と労働がいかにして形成されてきたかについて説明し、経済発展循環論を交えて、近年の変わりゆく世界経済と日本経済の変化を比較し、今後の日本経済の展望を講義する。

授業の到達目標は以下の通りです。
・日本の資本主義の歩みを理解できる。
・リーマンショックが日本に与えた影響が理解できる。
・日本の戦後の復興と経済成長の変遷を理解できる。
・ニュースを見て日本経済の動きを理解できる。
・日本のバブル発生要因とその影響・後遺症を説明できる。
・日本経済の景気循環を理解できる。

授業計画

[前期]
1.資本主義とは何か
2.資本主義の歴史
3.社会主義・共産主義とは
4.社会主義の歴史
5 市場経済という経済システムは
6.市場経済の対極にある計画経済とは何か
7.市場経済の欠点と限界
8.日本の資本主義の歩み
9.戦前の経済構造と大戦による破綻
10.最後発国からスタート
11.戦前の日本経済
12.世界経済の変化とブロック経済
13.戦時下の経済体制
14.どのようにして敗戦の焼け跡から再生したのか
15.戦後日本経済の時期区分

[後期]
1.戦後日本経済の歩み
2.戦後の混乱から経済復興へ
3.高度成長の主役と脇役
4.高度成長のメカニズム
5.高度成長と重化学工業
6.高度成長の外的条件(技術と資本)
7.高度成長の内的条件(労働と資金
8.公害と社会問題の発生
9.日本の高度成長期
10.ジャパン・バッシング
11.ニクソンショックとオイルショック
12.石油危機とスタグフレーション
13.バブル経済と平成不況
14.リーマンショックの影響
15.躍進する東アジア・東南アジア経済と日本

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

上記の順番で講義を進めるが、進度によって若干前後する場合もある。講義のはじめに前回の授業の要点を復習する。また必要に応じてプリントを配布し、それに対し解説を行う。各週の講義ともその目的・要点を明確にし、さらに、時事問題ではその解説も加える。

試験と成績評価

成績評価は前・後期試験、課題提出、演習発表などを総合して評価します。
遅刻は認めません。

担当教員から受講生諸君へ

日本経済の変遷を説明する授業です。必ずノートを用意し主要部分はメモして下さい。授業は一貫性がありますので、配布のプリントやノートは毎回持参して下さい。

使用教材

教科書:吉野 薫著「経済の基本と常識」 フォレスト出版、1,404円。
参考書:主要点についてはプリントを配布し、解説する。授業中必要に応じて適時紹介する。