Topトップへ

音楽Ⅰ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

音楽Ⅰ担当: 土門 裕之(どもん ひろゆき)

開講コース

保育学科 1年次 前・後期

目的と内容および到達目標

この講義では、幼児教育における音楽について学ぶ前に、「こどもを惹きつける魅力を持った教師の取り組み」「音楽とは何か」「こどもにとって学習とはどういう意味か」をまず理解し、その上で「ムーブメント教育」「外国の音楽教育」を参考にしながら「こどもを主体にした音楽教育のあり方」を考える。さらに、音楽教育の基礎的知識を修得する。実際には、理論的内容と実技をミックスする形で展開し、より実践での応用に配慮した形で展開する。また、自らの感性を伸ばす体験としての実技も導入し、幼児期の音楽体験を記憶の中から呼び戻すことで理論的理解を深める。

到達目標は以下のとおりです。
・保育現場で用いる子どもの歌(100曲)や指あそび(50種類)などを習得する。
・保育現場で必要な音楽基礎知識を理解できる。
・様々な音楽教育法についてその特徴や効果を説明することができる。
・幼児への音楽活動導入方法を理解し、豊かな表現力とともに保育展開することができる。

授業計画

[前期]
1. コミュニケーション能力を高める音楽遊び
2.こどもを惹きつける魅力ある教師像とは
3.即時反応(Quick reaction)と応用ゲーム
4.指遊び・手遊びの効果と展開上の問題点
5.こどもの歌(3歳〜4歳を対象とした歌唱実践)
6.こどもの歌(4歳〜5歳を対象とした歌唱実践)
7.楽典(楽語と音楽記号)
8.リトミックの基礎Ⅰ(感じて動く)
9.リトミックの基礎Ⅱ(拍子の理解)
10.リトミックの基礎Ⅲ(拍子とビート)
11.リトミックの基礎Ⅳ(表現)
12.リトミックの基礎Ⅴ(オノマトトペ)
13.即興表現
14.音楽とは何かー音楽の起源を探るー
15.リトミックのアイデアを活かした授業展開の実際

[後期]
1.外国の音楽教育Ⅰ(コダーイシステム)
2.外国の音楽教育Ⅱ(オルフのシュールベルグ)
3.楽典(楽語を音楽記号)
4.幼児音楽教育法Ⅰ「歌唱指導」と実際
5.幼児音楽教育法Ⅱ「楽器指導」と実際
6.幼児音楽教育法Ⅲ「踊りの指導」と実際
7.楽器法Ⅰ(アンサンブル実習 荒城の月)
8.楽器法Ⅱ(アンサンブル実習 オブラディオブラだ)
9.リトミック応用/総合実技 3歳児対象
10.リトミック応用/総合実技 4歳児対象
11.リトミック応用/総合実技 5歳児対象
12.リトミック応用/総合実技 障害児対象
13.Eurhythmics理論Ⅰ(幼児音楽教育の総合的理解)
14.Eurhythmics理論Ⅱ(教師論)
15.リトミックを応用した授業展開の実際

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

理論学習と実技を混合する形で展開し、実技を通して感じたことを基本にさらに理論学習を深める。動きやすい服装で受講すること。また、毎時間終了後に、各自の到達度と授業の感想を把握するためのレポート提出がある。
また、授業で導入した語句や理論、実技課題については、個々に復習を重ねることが肝要である。

試験と成績評価

本演習は、授業での意欲や発想・表現力についても評価する。加えて、授業内での実技到達度チェックや小テスト(レポート)などの内容を踏まえて総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

受身で受講することなく、自己の経験や体験をベースに豊かな発想と意欲を最大限に発揮してもらいたい。なお、羞恥心は幼児教育者にとって最大の壁といっても過言ではない。一日も早く、羞恥心を取り払い、ユニークな表現力を養って行くことが、単位取得の条件であると考えて欲しい。
重ねて、音楽Ⅰの単位取得には、最低限のピアノ演奏技能が備わっていなければならない。音楽Ⅱ(ピアノ実技)の単位を取得できない場合、連動して本単位も取得できない場合があるので、注意すること。

使用教材

教科書:『こどもの歌曲200選』 ドレミ楽譜出版社、『音楽の基礎』 著者 木許隆・土門裕之ほか 圭文社、『うたっておどっておもちゃ箱1&2』 鈴木恵津子 編著 教育芸術社