Topトップへ

ミクロ経済学 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

ミクロ経済学担当: 畠田 英夫(はただ ひでお)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 後期

目的と内容および到達目標

標準的な経済理論にはミクロ経済学とマクロ経済学という二つのアプローチがあります。本講義では、家計行動と企業行動の理論から導き出される需要供給分析の基礎的な内容を学びます。需要曲線・供給曲線の導出、完全競争における部分均衡分析と余剰分析、一般均衡分析とパレート最適、不完全競争市場、市場の失敗など、主要なトピックを取りあげます。機会費用・サンクコスト・不完全競争市場の知識は現実の企業行動を理解するのに役立つほか、余剰分析や市場の失敗の議論を通じて政府の経済的な役割とその政策を評価するための基本的な見方を学ぶことができます。

到達目標は以下のとおりです。
・完全競争における部分均衡と余剰の分析の基礎を理解している。
・不完全競争市場について理解している。
・一般均衡の妥当性と市場の失敗の存在を理解している。

授業計画

[後期]
1.ミクロ経済学とはなにか
2.家計の行動I:無差別曲線と予算制約線
3.家計の行動II:所得効果と代替効果
4.家計の行動III:需要曲線とその性質
5.企業の行動I:費用関数
6.企業の行動II:最適行動と供給曲線
7.企業の行動III:供給曲線の性質
8.完全競争市場均衡
9.不完全競争市場I:独占企業の最適行動
10.不完全競争市場II:独占的競争の均衡
11.効率と公平I:経済学における望ましさ
12.効率と公平II:競争均衡の効率性
13.一般均衡とパレート最適
14.市場の失敗
15.伝統的なミクロ経済学の全体像と近年の動向

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

随時課題を解いてもらいながら講義を進行します。基本的な計算問題に習熟していない学生を対象に、経済数学の補習授業を行います。

試験と成績評価

授業時に随時行う課題・小テストを総合評価して成績評価をします。

担当教員から受講生諸君へ

経済理論の理解には一つ一つの積み重ねが非常に重要ですから、無欠席を目標として受講してください。また、経済は生ものです。新聞の経済記事は漫然とタイトルだけを流し読みするだけでもよいので、新聞を「眺める」習慣をつけましょう。経済と経済学に対する理解を飛躍的にのばすことができます。

使用教材

参考書:『図解雑学 マクロ経済学』井堀利宏(ナツメ社)、『3時間でわかるミクロ経済学入門』笠崎泰之(早稲田経営出版)、『グラフィック ミクロ経済学』金谷貞男(新世社)