Topトップへ

教育心理学 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

教育心理学担当: 保坂 和貴(ほさか かずたか)

開講コース

保育学科 1年次 後期

目的と内容および到達目標

乳幼児期に子どもは何を「学ぶ」のか。そして、親や保育者をはじめとした大人たち、年齢の近い仲間たち、あるいは子どもをとりまく環境は、この時期の子どもの「学び」にどのように関係し、どのような影響を与えるのか。
この講義では、教育心理学の知見を軸に置きつつ、近年の認知科学や学習科学の研究動向をふまえ、子どもの「学び」、さらには人間の「学び」について考える。また、「学び」によって子どもに、そして人間にどのような「変化」、「発達」が生じるのか、「学び」と「発達」との関係性について考えを深めることを目的とする。

到達目標は以下のとおりである。
・学習(学び)に関する主要な理論について説明できる。
・発達に関する主要な理論について説明することができる。
・学習理論・発達理論に基づき、保育・幼児教育現場における子どもの心理と学びのあり方、さらには日常生活における人間の心理と学びのあり方について分析・考察できる。

授業計画

[後期]
1.オリエンテーション:保育と教育心理学
2.教育と学習:「教えること」、「学ぶこと」の意味
3.学習の諸理論①:行動主義的学習理論
4.学習の諸理論②:認知(心理学)的学習理論
5.学習の諸理論③:状況論的学習理論・学習科学
6.学習の書理論④:学びの理論の総括
7.学びと発達①:発達とは何か
8.学びと発達②:精神分析学的発達理論
9.学びと発達③:ピアジェの発達理論1
10.学びと発達④:ピアジェの発達理論2
11.学びと発達⑤:ヴィゴツキーの発達理論1
12.学びと発達⑥:ヴィゴツキーの発達理論2
13.学びと意欲
14.学びと評価
15.まとめ:乳幼児期に何を学ぶのか

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

板書を中心として、適宜配布資料や映像資料などを用いて進めていく予定である。また、講義終了時にはリアクション・ペーパーやミニ・レポートを作成し、フィードバックを行なうこととする。

試験と成績評価

平常点(授業態度、リアクション・ペーパー)と期末試験により、総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

講義内容を「覚えること」以上に講義を通して自分自身で「考えること」を重視したい。教育とはどのような営みなのか、学ぶとはどのようなことなのかを、これまでの経験を振り返りつつ問い直し、自分なりの教育観・学習観を創りあげて欲しい。

使用教材

教科書 :特定の教科書は使用しない。
参考書 :講義のなかで適宜指摘する。