Topトップへ

子どもの保健Ⅱ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

子どもの保健Ⅱ担当: 出村 由利子(でむら ゆりこ)

開講コース

保育学科 2年次 前期

目的と内容および到達目標

子どもの健康と安全は、子どもの生命の保持と健やかな生活の基本です。保育者は一人一人の子ども及び集団全体の健康の維持増進や安全の確保に努めなければならない。また、子どもが自らの身体や健康に関心を持ち、心身の機能を高めていくことが大切である。

到達目標は以下のとおりです。
・子どもの保健活動の計画・評価について理解する
・子どもの健康増進および心身の発育・発達を促す保健活動や環境を考える
・子どもの疾病とその予防および適切な対応について理解する
・緊急時の対応や事故防止、安全管理について理解する
・保育者自身が自らの身体や健康に関心を持てる

授業計画

[前期]
1.保育のおける保健計画と保健活動                                                             
2.子どもの保健にかかる個別対応と子ども集団全体の健康と安全・衛生管理
3.子どもの健康増進と保育の環境
4.子どもの生活習慣と心身の健康 
5.子どもの発達援助と保健活動 
6.体調不良や障害が発生した場合の対応  
7.感染症の予防と対策 
8.個別的な配慮を必要とする子どもへの対応 
9.乳児への適切な対応 
10.障害を持つ子どもへの適切な対応 
11.事故防止及び安全管理と健康教育  
12.保育における看護と応急処置    
13.災害への備えと危機管理
14.子どもの養育環境と心の健康問題   
15.心と身体の健康づくりと地域保健活動    

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

講義及び演習を行う 随時印刷物を配布する VTR使用
【お願い】実習室使用時の服装:
①上靴、エプロン着用、ネームをつける
②長い髪はゴムで結わえる、つけ爪やマニキュアはしない

試験と成績評価

筆記試験 80%
その他授業内の提出物、講義や演習時の授業態度、注意事項など20%

担当教員から受講生諸君へ

【お願い】
①携帯電話の電源は切る
②授業中の私語はつつしむ

使用教材

教科書:基本保育シリーズ11 子どもの保健Ⅱ 中央法規