Topトップへ

基礎科目入門 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

基礎科目入門担当: 各専任教員

開講コース

保育学科 1年次 前・後期

目的と内容および到達目標

造形表現・身体表現・幼児音楽教育の各コースの担当教員ごとに少人数のクラスに編成する。授業は、各コースの専門性や学生の学習進度に合わせ、ゼミナール形式で行う。
目的は、保育にかかわる様々な課題と解決への過程について関心を持ち、子どもや保護者を支援するための知識・技能・方法などを学ぶこととする。また、「大学で学ぶ」ことへの理解を深めるとともに、他の科目の補助となる基礎を学ぶことを通して「自ら学び・成長していく能力」(スタディ・スキル)の基礎を身につける。なお、授業の内容はそれぞれのクラス毎に多様に設定される。

到達目標は以下のとおりである。
・保育にかかわる様々な課題と解決への過程について関心を持つことができる。
・子どもや保護者を支援するための知識・技能・方法などを身に付けることができる。

授業計画

[前期]
授業は、各コース担当教員より提示された課題を、前期15回、演習を中心としたゼミナール形式で行う。なお、
コース担当教員の専門領域により展開方法や内容に差異が生じるが、各担当教員の授業計画に従って行われる。
学生は、それぞれの視点から学んだことを、演習相互で伝え合い、学び合うことが大切である。

[後期]
 前期からの課題を後期の15回も引き続いて行う。なお、前期同様、各担当教員から配布される授業計画に従って行われるが、コース担当教員の専門領域により展開方法や内容に差異が生じる場合もある。
学生は、それぞれの視点から学んだことを、演習相互で伝え合い、学びあうことが大切である。

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

各ゼミ担当教員が具体的に提示する教材・資料などを基に、演習を中心としたゼミナール形式で、各学生の自発的な学習を中心とした進め方をする。

試験と成績評価

レポート、発表・討論などの提出物や活動内容のほか、前期・後期の全体的取り組みの結果に基づき、総合的に評価を行う。ただ、授業展開等により試験方法や成績評価方法は異なるため、担当教員に確認すること。

担当教員から受講生諸君へ

「基礎科目入門」は、取り組む学生の自発的意欲に負っている科目であるとともに、大学生として「自ら学び・成長していく能力」が問われるものである。学生諸君の大いなる意欲を期待する。

使用教材

各ゼミ担当教員が「基礎科目入門」の時間に具体的に指示する。