Topトップへ

経営学総論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

経営学総論担当: 村上 良一(むらかみ りょういち)

開講コース

地域振興ビジネス 2年次 前期

目的と内容および到達目標

企業経営に関する諸事象を「理論的」に把握し、改善の方向性を見いだせるような「知的基礎体力」を身につけることを目的とする。内容としては、株式会社の仕組み、経営戦略、マーケティング、従業員の最大関心事である賃金・考課制度などについて中心的に取り扱う。経営に関するトピックな話題を随時解説することも予定している。

到達目標は以下のとおりである。
・会社の種類と特徴について基本的な理解ができる。
・株式会社制度について基本的な理解ができる。
・経営戦略やマーケティングについて基本的な理解ができる。
・人事労務管理についての基本的な理解ができる。

授業計画

[前期]
1.経営学総論の位置づけ(関連学問分野との関係)
2.会社とは何か、会社の種類にはどのようなものがあるのか。
3.株式会社の仕組みと特徴(1)基本的制度の解説
4.株式会社の仕組みと特徴(2)金融肥大化現象下での変貌
5.企業経営の現状についての事例紹介と解説(1)経営環境変化に対する企業対応の事例紹介
6.経営戦略とはどのようなものか(1)総論
7.経営戦略とはどのようなものか(2)PPM、多角化戦略等各論
8.企業経営の現状についての事例紹介と解説(2)経営戦略の具体的事例紹介
9.企業はどのようにしてモノを売るのか(1)マーケティングの概説
10.企業はどのようにしてモノを売るのか(2)マーケティングの事例・各論
11.人事労務管理とはどのようなものか(1)賃金制度の解説
12.人事労務管理とはどのようなものか(2)人事・考課制度の解説
13.企業経営の現状についての事例紹介と解説(3)雇用・賃金制度の多様化の事例紹介
14.日本的経営の発展と変貌―「三種の神器」の変貌
15.企業経営の発展方向

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

基本は講義形式で進めるが、視聴覚教材を使っての意見交換会など双方向式授業も適宜行う。
スライド、プリントを併用して進めることを予定している。

試験と成績評価

小レポート、小テストなどを中心に総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

企業経営に関するニュースに常に着目するようにしておく。また、BSなどで放送されているドキュメンタリー番組も現実の一部分を知る上では有用なので積極的に視聴するように。
1年次科目であった「ビジネス実務総論」と密接な関係がある科目であるので、ノートを見直して復習をしておくこと。

使用教材

教科書 :使用しない
参考書 :守屋貴司他『はじめの一歩経営学』(ミネルヴァ書房)、上林憲雄他『経験から学ぶ経営学入門』、井原久光『テキスト経営学』(ミネルヴァ書房)、佐藤博樹他『新しい人事労務管理(第5版)』(有斐閣)。