Topトップへ

歌唱演習 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

歌唱演習担当: 山本 徹淨(やまもと てつじょう)

開講コース

保育学科 1年次 前期

目的と内容および到達目標

本演習は、保育者としての感性を豊かにするために、独唱や合唱などを通して歌唱表現の技能を高める事を目的としている。 
  目的達成のためには、①曲種に応じた発声の仕方の習得、②楽曲に対する知覚と感受の理解、③一人ひとりの感受にもとづいた表現の工夫、などを重視した学習を進める。

 到達目標は以下の通りである。
 ・旋律、リズム、テクスチュアなどの楽曲の基礎的・基本的事項を理解できる。
・姿勢や呼吸法などの発声の基礎・基本を理解し実践できる。
・簡単なピアノ伴奏をつけた弾き歌いができる。

授業計画

[前期]
1.発声法(姿勢)①
2.発声法(呼吸)②
3.発声法(発音)③
4.音楽の知覚と感受
5. 楽曲の基礎的・基本的事項
6. プチミュージカル曲への取り組み ①
7. プチミュージカル曲への取り組み ②
8.プチミュージカル曲への取り組み ③
9.様々なミュージカル曲の歌唱 ①
10. 様々なミュージカル曲の歌唱 ②
11.様々なミュージカル曲の歌唱 ③
12.「こどもの歌曲」の弾き歌い ①
13.「こどもの歌曲」の弾き歌い ②
14.「こどもの歌曲」の弾き歌い ③
15.「こどもの歌曲」の弾き歌い ④

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

歌唱の実技演習が主であるが、音楽鑑賞なども適時取り入れる。
ピアノ伴奏をつけながら弾き歌いができるように、個別の指導時間の確保や練習場所の確保を考える。

試験と成績評価

成績評価は、弾き歌いを含む歌唱表現の技能を主として評価(50%)。毎時間の課題レポート(30%)。
学んだことの振り返り小テスト(20%)

担当教員から受講生諸君へ

・好きこそ物の上手なれ。
   まずは歌うことを好きになってほしい。人の前でも恥ずかしがらずに自分の音楽を表現してみよう。
・心は熱く、頭はクールに。
   やる気がまず大事。熱い気持ちで表現しよう。同時に楽曲の音楽的要素への感覚を冷静にすること。

使用教材

教科書:簡易ピアノ伴奏による実用「こどもの歌曲200選」 ドレミ楽譜出版