Topトップへ

生涯スポーツ演習 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

生涯スポーツ演習担当: 小谷 克彦、岡 健吾

開講コース

環境農学 1年次 前・後期

目的と内容および到達目標

 本演習では、スポーツの楽しさをあらゆる側面から改めて見つめ直すことをねらいとして、演習を行っていきます。実技に関しては、学校教育で体験したことのある一般スポーツの他、各種レクリエーションスポーツを取り上げ、運動能力や性別に関係なく誰もが楽しむことができるスポーツの取り組み方を考えていきます、講義では,スポーツの楽しさだけでなく、活動に伴う様々な問題点も取り上げ、スポーツの意義または可能性について改めて考えていきます。本演習では、スポーツの楽しさや健康の保持増進のために、主体的に仲間と関わり共に活動することができるとともに、将来に渡って運動を積極的に実践していく態度を身につけることを目的とします。
 到達目標は以下のとおりです。 
 ・活動する仲間と共に、自ら進んで運動に取り組み、楽しむことが出来る。
 ・その運動の構造やルール、練習方法について理解をする。
 ・それぞれの運動種目で合理的な動きを求め、技能を高めることが出来る。
 ・日常生活におけるスポーツの意義を理解し、実践に結び付けることが出来る。

授業計画

[前期](担当 小谷)
1.オリエンテーション
2.実技:バレーボール(基礎)
3.実技:バレーボール(応用)
4.実技:バレーボール(リーグ戦)
5.講義:「体育・スポーツにおける楽しさ」
6.実技:バトミントン(基礎)
7.実技:バドミントン(応用)
8.実技:バドミントン(リーグ戦)
9.講義:「目標設定の実際」
10.実技:ユニホック(基礎)
11.実技:ユニホック(応用)
12.実技:ユニホック(リーグ戦)
13.講義:「スポーツにおける心理サポートとは」
14.講義:「スポーツにおける心理サポートの実際」
15.実技:ティーボール

[後期](担当 岡)
1.オリエンテーション
2.キンボール
3.グラウンドゴルフ
4.ネイチャーゲーム
5.ペタンク
6.タグラグビー(基礎)
7.タグラグビー(応用)
8.チュックボール(基礎)
9.チュックボール(応用)
10.ティーボール(基礎)
11.ティーボール(応用)
12.チーム対抗運動会(ドッヂボール・10人11脚リレー)
13.チーム対抗運動会(綱引き・玉入れ・チーム対抗リレー)
14.雪中サッカー
15.生涯スポーツの理念と実践とは

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

・授業はAおよびBクラスに分けて実施します。
・前期はレポート課題があります。

試験と成績評価

・授業態度およびレポートにより、総合評価をします。

担当教員から受講生諸君へ

・運動着(ジャージなどの伸縮性のあるもの)、屋内・屋外用の運動靴を必ず用意してください。
・屋外で実施する場合や講義の場合は、事前に学生掲示板にて連絡します。

使用教材

教科書:必要に応じて担当教員が用意します。
参考書:適宜プリントを配布します。