Topトップへ

環境科学 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

環境科学担当: 田中 英彦(たなか ひでひこ)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 前期

目的と内容および到達目標

環境科学とは、自然環境と社会環境に大別される環境のうちの自然環境を主な題材とする科学であり、自然科学分野に属する生態学、地球物理学、農学、化学などのほか、医学や、法学、政治学、経済学、倫理学などの社会科学にも関連する基礎的・総合的な学問分野である。
その中で、本講義では、地球規模の環境や世界共通の環境に焦点を絞り、その実態と環境問題を学ぶとともに、環境と調和した人類の活動のあり方や他の学問分野との関連を学ぶ。

到達目標は以下のとおりである。
・環境がどのように成り立ち、人類が環境とどのようにかかわっているかを理解する。
・人類が起こしている深刻な環境問題の内容と、それにどう対処すべきかを理解する。

授業計画

[前期]
1.環境科学と環境問題 :環境とは何か、環境科学とは何か、環境問題とは何か
2.地球規模の環境問題 :地球環境問題の特徴、環境問題をめぐる世界の動き
3.深刻で複雑な現状  :3Eのトリレンマ、人類破局へのシナリオ
4.環境の構造と成り立ち:生物と環境の相互関係、生態系の一員としての人類
5.生物多様性の喪失  :生物多様性の概念・価値・喪失の現状、生物多様性の保全
6.森林の減少と砂漠化 :森林の存在意義、人類営為と森林減少、森林減少から砂漠化への道筋
7.世界の水資源の枯渇 :限りある地球の水資源、伸び続ける水の消費量、仮想水の考え方
8.大気汚染と酸性雨  :廃棄物による大気汚染、酸性雨とは何か、酸性雨がもたらすもの
9.オゾン層の破壊   :人工化学物質フロン、オゾンホールの出現、致命的な紫外線
10.限りある化石資源  :化石資源枯渇の危機、各種エネルギー資源の特徴、資源消費の在り方
11.地球の温暖化問題  :温室効果ガスと大気の温室効果、人類の営為と地球温暖化
12.地球温暖化への対応 :地球温暖化がもたらすもの、地球温暖化への対応の経過
13.人工化学物質と環境 :分解しない夢の人工化学物質の行方、微量で長期に有害なその作用
14.環境問題の根本   :人口爆発と食料、環境収容力、成長の限界、人類の目指すものは何か
15.持続的社会への道筋 :コモンズの悲劇、社会的ジレンマ、環境倫理確立への動機づけ

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

毎回配布するプリントをベースに講義を進める。毎回、小テスト方式の「授業参加カード」を書いて提出させ、各自の授業出欠と授業内容の理解程度を確認する。
講義中の私語、携帯電話の操作、教室の無断出入り、はしないこと。

試験と成績評価

毎回の授業参加カードと授業終了後の期末試験によって到達目標への到達程度を測定し、成績評価する。

担当教員から受講生諸君へ

毎回、十分量のプリントを配布するので、予習・復習として、プリントの精読とノートの整理を行うこと。
環境に関する「知識」より「理解」のほうを優先する。主要な環境問題の極めて根本的な原理・原因・対策を正しく理解することが大事であり、常にそれを問いながら授業を進める。
卒業後の進路確保のため「資格」を重視する者には、環境社会検定(エコ検定)を受験することを薦める。

使用教材

教科書 :毎回プリントを配布する。
参考書 :特に指定しないが、環境に関しては多数の本が出版されており、図書館にも多数収蔵されている(分類番号519の書架など)ので、参考にすること。