Topトップへ

児童家庭福祉 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

児童家庭福祉担当: 三上 正明(みかみ まさあき)

開講コース

保育学科 1年次 後期

目的と内容および到達目標

社会福祉の大きな領域である児童福祉全般について学習します。家庭を含む児童の生活環境問題を理解し、保育士としての基礎的知識を身に付けます。

到達目標は以下のとおりです。
・児童福祉の領域の把握。
・各種児童福祉施設の理解
・各施設における保育士の活動への理解。

授業計画

[後期]
1.オリエンテーション - 社会福祉の領域としての児童家庭福祉
2.現代社会と少子化問題
3.児童福祉の理念と歴史
4.児童福祉法と関連法規
5.児童福祉の領域と施設
6.児童福祉従事者と保育士
7.児童健全育成事業
8.保育問題①認可保育所
9.保育問題②認可外保育所
10.児童自立支援(養護問題)①乳児院及び児童養護施設
11.児童自立支援(養護問題)②情緒障害児短期治療施設及び児童自立支援施設
12.ひとり親家庭福祉と母子保健
13.障害児問題
14.非行問題
15.まとめ:試験の講評・振り返り

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

原則として講義形式で進めるが、随時質問に応ずる。

試験と成績評価

試験による。

担当教員から受講生諸君へ

保育士資格は児童福祉法により創設されたものであり、児童福祉従事者としての資格です。
保育士を目指す者は、大きな関心を持って授業へ参加して下さい。

使用教材

参考書:「社会福祉小六法」ミネルヴァ書房