Topトップへ

日本語コミュニケーションIV(留学生科目) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

日本語コミュニケーションIV(留学生科目)担当: 藤田 守(ふじた まもる)

開講コース

地域振興ビジネス 2年次 後期

目的と内容および到達目標

日本語コミュニケーション科目の総まとめの科目である。これまでに身に付けた日本語力を活用して日本語能力試験N1に合格することが2年次の学習目標となるため、日本語能力試験N1レベルに耐えうる高度なレベルが求められる。
編入後の学習にも意識を向け積極的な学習姿勢を身に着けるため、必要に応じて会話・討論・プレゼンテーションなどの練習も実施する。
 到達目標は以下のとおりである。
・具体的な課題解決に必要な情報を聞き取り、次に何をするのが適当か理解できる。
・事前に示されている聞くべきことをふまえ、ポイントを絞って聞くことができる。
・テキスト全体から話者の意図や主張などが理解できる。
・イラストを見ながら、状況説明を聞いて、適切な発話が選択できる。

授業計画

1.ガイダンス・第8課 問題
2.第9課 剣道
3.第9課 問題
4.第10課 落語
5.第10課 問題
6.第11課 そばをすする音
7.第11課 問題
8.第12課 将棋
9.第12課 問題
10.第13課 南極
11.第13課 問題
12.第14課 明治神宮の森 
13.第14課 問題 
14.第15課 虚偽の自白
15.第15課 問題

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

授業は予習が完了していることを前提とし日本語で演習形式により進める。聞き取るための具体的な方法を学ぶため、予習の段階で新出語句、発音などで理解できなかった個所を整理把握したうえで臨むと効果的である。

試験と成績評価

評価は宿題の提出状況、授業中の質疑応答の結果により判定する。その内訳は到達目標1・2・3・4をそれぞれ問題A,B,C,Dの解答状況により把握する。また、学習目標の到達度の客観的把握のため、日本語能力試験(11月)または、Jtest日本語検定(12月)の受験を必須とする。携帯電話、スマートフォンの無断使用や教員の指示に従わないものは退場させ欠席と扱う。全授業回数の2/3未満の出席の場合はF評価の対象となる。

担当教員から受講生諸君へ

語学科目1単位の取得には授業と自習を合わせて最低45時間が必要であると定められている。これに従い本科目の目標達成のためには、1日最低2時間は日本語の勉強時間を確保し、毎日勉強すること。予習復習そして暗記が鉄則である。復習と予習は、テキストのCD音声教材をよく聴き、復唱し、音声から自然な日本語をインプットする方法で、必ず行うこと。各課の全文の書き取りを毎回の宿題とし、次の授業の際には提出する必要がある。このとき必ず付属のCDを用いること。授業には国語(日本語)辞典を持参すること。(電子辞典可、スマートフォン辞書機能使用不可)

使用教材

教科書 :学習状況を把握の上、教材を選択するので、ガイダンスにおいて教員と相談すること。
『留学生のためのアカデミック・ジャパニーズ聴解〔上級〕』
東京外国語大学留学生日本語教育センター編著・スリーエーネットワーク
参考書 :『留学生のためのアカデミック・ジャパニーズ聴解〔中上級〕』
東京外国語大学留学生日本語教育センター編著・スリーエーネットワーク