Topトップへ

日本語コミュニケーションII(留学生科目) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

日本語コミュニケーションII(留学生科目)担当: 藤田 守(ふじた まもる)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 後期

目的と内容および到達目標

日本語コミュニケーションⅠから継続の積み上げ科目である。円滑なコミュニケーションには自然な日本語の「音」の把握が当面の重要課題である。正しい発音と基本語彙、構文力をひとつひとつ確実にするため、発音の仕方を充分理解し、「聞く」「発音」の動作をくり返し「音」に慣れることを継続する。テキストの音声教材のシャドーウィング(発音の聴取と同時に復唱)やディクテーション(書き取り)によるヒアリングの訓練、他の授業科目でも求められるプレゼンテーションの練習も継続して実施する。 
到達目標は以下のとおりである。
・日本語コミュニケーションⅠで身に付けた日本語力を活用することができる。
・質問などの短い発話を聞いて、適切な応答が選択できる。
・学士課程で社会科学の専門的学習・研究を進めるのに必要な基礎的な日本語の知識と技術を習得する。
・職業生活や社会生活に必要な基礎的な日本語のコミュニケーション能力を習得する。

授業計画

1.ガイダンス・第8課 問題
2.第9課 信号の話
3.第9課 問題
4.第10課 隠れキリシタン
5.第10課 問題
6.第11課 水族館
7.第11課 問題
8.第12課 ゴリラの食事
9.第12課 問題
10.第13課 東京の温泉
11.第13課 問題
12.第14課 失敗学  
13.第14課 問題
14.第15課 長崎の猫
15.第15課 問題・まとめ

単位数

1単位、授業週数:15回

講義の進め方

授業は日本語で演習形式により進めるため、新出語句、発音などは十分に準備して望むと効果的である。復習と予習は、テキストのCD音声教材をよく聴き、復唱し、音声から自然な日本語をインプットする方法で実施すること。各課の全文の書き取りを毎回の宿題とし、次の授業の際には提出する。

試験と成績評価

評価は宿題の提出状況、授業中の質疑応答の結果により判定する。その内訳は到達目標1・2・3・4をそれぞれ問題A,B,C,Dにより判定する。学習到達度を客観的に把握するため、日本語能力試験(12月)またはJtest日本語検定の(11月)受験が必須となる。携帯電話やスマートフォンの無断使用や教員の指示に従わないものは退場させ欠席とする。全授業回数の2/3未満の出席の場合はF評価の対象とする。

担当教員から受講生諸君へ

語学科目1単位の取得には授業と自習を合わせて最低45時間が必要であると定められている。これに従い本科目の目標達成のためには、1日最低2時間は日本語の勉強時間を確保し、毎日勉強すること。予習復習そして暗記が鉄則である。このときは必ず付属のCDを用いること。これらは検定合格には必須要素である。演習はそれを前提に行う。授業には国語(日本語)辞典を持参すること。(電子辞典可、スマートフォン辞書機能不可)

使用教材

教科書 :学習状況を把握の上、教材を選択するので、ガイダンスにおいて教員と相談すること。
『留学生のためのアカデミック・ジャパニーズ聴解〔中級〕』
東京外国語大学留学生日本語教育センター編著・スリーエーネットワーク
参考書 :『留学生のためのアカデミック・ジャパニーズ聴解〔中上級〕』
東京外国語大学留学生日本語教育センター編著・スリーエーネットワーク