Topトップへ

法学 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

法学担当: 小林 秀高(こばやし ひでたか)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 後期

目的と内容および到達目標

現代の社会では、意識せずとも日常生活は法的な仕組みによって成り立っている。しかしながら、普段の生活の中で法を意識することは難しい。本講義では、社会生活に必要な法律学の基礎を身につけ、理解することを目標とする。また全ての学生が関わるであろう就職活動やアルバイトに関連する法律、後半は刑罰と裁判員として関わる裁判に関するテーマを扱う。

本講義の到達目標は以下のとおりである.
・日常生活が法によって成り立っていることが理解できる
・法的な思考法の基礎が理解できる
・時事的な問題についての法的側面を理解できる

授業計画

[後期]
1.ガイダンス/リーガル・マインド
2.基礎法学1:法の分類
3.基礎法学2:民事法
4.基礎法学3:刑事法
5.労働法1:就活・アルバイトのための法律
6.労働法2:女性の社会参加と法律
7.刑法1:なぜ人を罰するのか
8.刑法2:刑罰の目的と再犯
9.刑法3:どんなときに犯罪は成立するのか
10.刑法4:罪を犯しても罰せられないとき
11.権利の実現と裁判1:刑事手続きと民事手続き
12.権利の実現と裁判2:警察の役割
13.権利の実現と裁判3:検察官の役割
14.権利の実現と裁判4:裁判所の役割
15.権利の実現と裁判5:上訴と再審

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

講義はでは時事的な問題を扱うため、1.問題の基礎知識の解説、2.法律的な問題の整理、3.各問題についての受講生の意見をまとめるという3つのパートで進める。詳細は初回講義時に指示をする。

試験と成績評価

期末試験40%、講義ごとに提出するリアクション・ペーパー60%によって評価をする。詳細については初回講義時に指示をする。

担当教員から受講生諸君へ

本講義では、法律全体の体系的な知識を身につけると言うよりは、現代の社会で問題になっている論点を中心に取り扱います。普段から好奇心を持って新聞やニュースを見ておくことが重要です。また、自分の意見などをまとめる練習もします。

使用教材

教科書:特定の教科書は使用しない
参考書:榎・大江・大林編,2011.『時事法学―法から見る社会問題』(北樹出版)