Topトップへ

北海道学 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

北海道学担当: 坂本 明(さかもと あきら)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 前期

目的と内容および到達目標

この科目の目的は、北海道の自然・地理・歴史を正しく理解することであり、北海道の置かれている現状を分析し、課題を解決するための方法を模索し、将来に役立てることです。
第1回は授業のガイダンス、第2回は自然環境、第3回は経済活動の具体的な統計数字を基に、北海道の理解を深めます。第4回から第7回は北海道の各地の地誌を学びます。第9回から第11回は北海道の歴史、第12回から第14回は北海道の現状を理解し、北海道の未来像を考えます。第15回は授業のまとめと定期試験対策を行います。

到達目標
・授業で学んだ北海道の自然・歴史・文化を正しく認識し、郷土愛を育んでいる自分を自覚できる。
・積極的に北海道の良さを発信できる人間となるための基礎を備えている。
・各人が帰属する社会への貢献策の方向性を見いだす能力を身につける。

授業計画

[前期]
1.はじめに(講義内容の説明)
2.自然環境(地形・気候・生態系)
3.経済活動(北海道の数字) 
4.地誌(道東:釧路・帯広・ユネスコ自然遺産知床)
5.地誌(道央:札幌・小樽)
6.地誌(道北:旭川・名寄)
7.地誌(道南:函館・松前)
8.中間まとめ 
9.先住民の文化・風習と現代北海道の生活様式(地名・方言・儀式)
10. 北海道の歴史(開拓使・屯田兵制度)
11. 北海道の歴史(太平洋戦争と高度経済成長)
12. 北海道の可能性(基幹産業の変遷・国のエネルギー政策)
13. 北海道の可能性(観光分野と第一次産業)
14. 北海道の可能性(他地域との関係)
15. 北海道の可能性(行政の役割)

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

特にテキストはありませんが、毎回、プリントを用意し、それに則して講義を行います。画像・数字(グラフ、表)はPP等で提示し解説します。

試験と成績評価

受講状況、レポート及び定期試験で評価する。全授業回数の3分の1を欠席した者は、単位取得の資格が抹消されるためF評価となります。

担当教員から受講生諸君へ

北海道について学びながら、学生としての基礎的資質も育成します。話し方、質問の仕方、レポート作成方法、発表方法も指導します。特に、レポートの作成は、簡潔に、的確で、分かりやすい表現ができるように指導します。

使用教材

教科書:毎回、プリントを配布する。
参考書:必要に応じて授業の中で紹介する。