Topトップへ

保育相談支援 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育相談支援担当: 中山 美知子(なかやま みちこ)

開講コース

保育学科 2年次 前期

目的と内容および到達目標

子育て家庭を取り巻く地域や社会の変化から、保育現場では子どもの保育だけでなく保護者支援や地域の子育て支援が強く求められている。保護者や地域の親から寄せられる子育て相談に、保育士は保育の専門性を活かした親子関係支援や子育て支援の知識と技能を活用し、すべての保護者が安心して子育てができるよう支援を目指したい。
本講義では、保育所や子育て支援センター、児童館等での相談支援を中心とした具体的な支援方法を理解し、相談者の課題の解決や改善につながる保育相談支援のあり方を実践的に学んでいく。 

到達目標は以下のとおりである。
・保育相談支援の意義と基本を理解する。
・保育現場に於ける具体的な相談内容について学び理解する。
・関係機関との連携や協働により、相談ケースに対応した具体的な相談支援を学ぶ。

授業計画

[前期]
1.オリエンテーション
2.現代の子育て環境と保育相談支援の意義
3.今、保育現場で求められている保育相談支援
4.地域子育て支援の内容と相談支援の実際
5.保育相談支援の基本と方法①
6.保育相談支援の基本と方法②
7.グループワーク(保育者に求められる保育相談支援の意義と原則)
8.親子関係支援と相談支援について
9.障がいや発達が気になる子どもと家庭への支援
10.特別な対応を要する家庭への支援
11.グループワーク(保育相談支援の事例検討)
12.関係機関との連携による相談支援
13.ロールプレー体験(ケースワークの体験)
14.保育相談支援の計画・記録・評価・カンファレンス
15.今後、保育現場で期待される相談支援

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

保育現場での多様な相談支援の実際を事例を通して学び、保育士として求められる保育相談支援の意義、基本と方法を理解した上で、保護者支援のための援助技術を習得していく。グループワーク、ロールプレイ体験等で実践力をつける。 

試験と成績評価

授業中のミニレポート、グループ討議・授業参加状況(60%)期末レポート(40%)

担当教員から受講生諸君へ

近年、保育現場では子どもの育ちや親の子育てについての相談が日常的に発生し、保育者としての相談援助技術が求められている。保育の専門性を生かした保育相談支援の基本と、具体的な対応を学び保護者支援や地域の子育て支援への力量を高めていただきたい。

使用教材

教科書 : シードブック保育・教育相談支援 ― 子育ち、子育てを支える(建帛社 太田光洋編著)
参考書 : 授業中に適宜紹介する。