Topトップへ

保育内容研究Ⅴ(こどもの音楽表現) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育内容研究Ⅴ(こどもの音楽表現)担当: 土門 裕之(どもん ひろゆき)

開講コース

保育学科 2年次 前期

目的と内容および到達目標

幼稚園教育要領・保育所保育指針に示されている乳幼児期におけるあそびと音楽表現について理解を深め、個々の音楽力獲得と、こどもたちの音楽表現力を高めるための指導方法等についても実践的に学ぶことが、本科目の目標である。
  
到達目標は以下のとおりです。
・子どもの発達を理解し、年齢に応じた音楽表現活動を導入することができる。
・子どもの興味関心を導き出すために必要な笑顔や声量を常に維持することができる。
・自身が豊かな身体表現・音楽表現をすることができる。

授業計画

[前期]
1.幼稚園教育要領と保育指針における遊びの概念(遊びと学び)
2.こどもの生活と遊びを広く考える(その連関と関係性について)
3.音楽表現活動について考える(未満時の音楽表現活動を含む)
4.3歳児の音楽表現活動
5.4歳児の音楽表現活動
6.5歳児の音楽表現活動
7.音楽表現活動と環境
8.保育現場での音楽表現活動の実際(VTRによる保育記録から学ぶ)
9.ダルクローズ 音楽教育法の実際
10.身体全身を使ったダルクローズ教育法の実践展開事例 (3才児)
11.身体全身を使ったダルクローズ教育法の実践展開事例 (4才児)
12.身体全身を使ったダルクローズ教育法の実践展開事例 (5才児)
13.統合保育における音楽表現教材の選び方について
14.指揮者から音楽表現を学ぶ
15.保育実践における音楽表現活動のまとめと総論

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

保育実践を視野により具体的な範例を提示しながら授業を展開する。特に年齢別の行動については、発達心理の知識が必要であるため、本科目においても付加説明を行いながら展開する。

試験と成績評価

遊びの知識を持っていても、保育実践において導入できなければ意味がないので、指導案を提出し、模擬授業での指導内容を中心に、理解度・修得度を判断する。また、提出される指導案も評価の対象とする。加えて、適宜、 小テスト、実技テストを実施する。

担当教員から受講生諸君へ

指遊びには、学びと発達成長を促進する様々な要素が含まれている。それぞれの遊びにどのような教育的効果が期待できるのかをしっかりと洞察し、保育に導入できるように、授業での気づきを大切にして欲しい。また指導案作成等には時間を要すので、日々の学習と計画的準備が必要である。

使用教材

教科書:『うたっておどっておもちゃ箱PART1&2』鈴木恵津子 編著 (教育芸術社)
参考書:適宜、参考資料を配付する。