Topトップへ

保育内容研究Ⅳ(こどもの言葉) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育内容研究Ⅳ(こどもの言葉)担当: 保坂 和貴(ほさか かずたか)

開講コース

保育学科 2年次 前期

目的と内容および到達目標

言葉は、コミュニケーションの手段としてあるだけでなく、自分(のこころ)をかたちづくるものとして、さらには文化的・歴史的世界をかたちづくるものとして存在する。言葉を獲得することによって、自分の思いや考えを相手に伝えることができるようになる。いろいろな物事について考えたり、感じたりすることが可能になる。また、文字を獲得することで、本やその他メディアを通して、「いま・ここ」を越えて様々な人々と対話したり、想像の世界を膨らませたりすることができる。言葉は人間にさまざまな可能性を与えてくれるものである。
 この科目では、乳幼児期の言葉の獲得過程および言葉の獲得を支える環境のあり方について理解すること、および言葉に関わる保育・幼児教育実践の方法について学ぶことを目的とする。
到達目標は以下のとおりである。
・幼稚園教育要領・保育所保育指針における内容領域「言葉」について理解する。
・乳幼児期の言葉の獲得過程について説明できる。
・言葉が子ども(のこころ)の発達に与える影響について説明できる。
・乳幼児期の言葉の獲得過程・発達に応じた保育教材の選択および実践を行なうことができる。

授業計画

[前期]
1.オリエンテーション:保育内容領域「言葉」について
2.ことばの獲得過程①:言葉の発達に関する諸理論
3.ことばの獲得過程②:新生児期~幼児期
4.ことばの獲得過程③:児童期以降
5.ことばの機能(はたらき)
6.ことばを育む環境構成①:ことばと人間関係
7.ことばを育む環境構成②:ことばと物的環境
8.お話(素話)について
9.お話の実践①:1〜2歳児への作品選びと話し方のポイント
10.お話の実践②:2〜3歳児への作品選びと話し方のポイント
11.お話の実践③:3〜4歳児への作品選びと話し方のポイント
12.お話の実践④:4〜5歳時への作品選びの話し方のポイント
13.お話から絵本・紙芝居へ
14.お話からパネルシアター・劇遊びへ
15.まとめ:乳幼児期のことばの発達を振り返る

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

学生相互が協同し表現し合うワークショップ型の授業を展開する。

試験と成績評価

平常点(授業態度、発表等)とレポートにより、総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

言葉は、日ごろそれとして意識することなく用いているが、こころのありかたやその人のひととなりに深く関わりをもっている。子どもが言葉を獲得していく道筋をたどり、かつ自分自身と言葉との関係をふりかえりつつ、言葉に対する感受性を身につけて欲しい。

使用教材

教科書 :相馬和子他.(編)(2010).新訂お話とその魅力:作品と話し方のポイント.萌文書林.
参考書 :講義のなかで適宜指摘する。