Topトップへ

保育内容研究Ⅱ(こどもと人間関係) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育内容研究Ⅱ(こどもと人間関係)担当: 美馬 正和(みま まさかず)

開講コース

保育学科 1年次 後期

目的と内容および到達目標

幼保連携型認定こども園教育・保育要領、幼稚園教育要領、保育所保育指針には、「人間関係」という項目がある。その中には、「他の人々と親しみ、支え合って生活するために、自立心を育て、人とかかわる力を養う」と記載されている。私たちは常に人間関係の中で生活をしていることになる。子どもたちが人とかかわる力を形成するために、保育者はどのような役割を担うことになるのか理解を深める。

到達目標は以下の通り。
・自分自身の人間関係の持ち方について理解する。
・乳幼児が人とかかわる力を身につけていく過程を、発達段階をふまえて理解する。
・人間関係という視点から保育者としての役割を理解する。

授業計画

[後期]
1.オリエンテーション
2.保育の基本と「人間関係」
3.乳幼児の発達と「人間関係」
4.保育のなかの「人間関係」
5.保育における領域「人間関係」
6.将来を見通した統合保育の充実を考える
7.生涯発達における乳幼児期のかかわり
8.人間関係発展の技法
9.要領・指針にみる領域「人間関係」の変遷
10.3歳未満児保育における「人とかかわる力」
11.幼児保育における「かかわる力」
12.保育における集団と個の関係
13.親子関係を問い直す
14.幼稚園・保育所における大人の関係と子どもの育ち
15.まとめ:領域「人間関係」とは

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

この科目は演習科目であることを意識して取り組んでもらいたい。故に教科書を読む、書く、覚えることが主ではない。基本的な進め方としては、パワーポイント・視聴覚資料を使用して行っていく。
また、学生の興味・関心、授業の進度によって内容を変更する場合がある。

試験と成績評価

授業の中で複数回小レポートを実施する。(20%)
授業が終了したあと、定期試験を実施する。(70%)
その他、授業への参加意欲なども評価の対象とする。(10%)
よって、通常の授業・小レポート・定期試験の成績をあわせ、総合評価を行う。

担当教員から受講生諸君へ

この授業は学生たちと意見交換をしながら展開する。したがって受け身で話を聞くという態度では、授業の進度が鈍くなることが予想される。受講生諸君が授業の中で考えたこと・感じたことを忌憚なく述べ、多くの人の考え方を知り、学んでもらいたい。

使用教材

教科書:保育・教育ネオシリーズ 保育内容・人間関係 同文書院
参考書: 授業内で適宜紹介する。