Topトップへ

保育内容研究Ⅰ(こどもと環境) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育内容研究Ⅰ(こどもと環境)担当: 岡田 佳菜子、樋口 良弘

開講コース

保育学科 1年次 前期

目的と内容および到達目標

保育内容研究「こどもと環境」は、こどもが周囲にある身近な環境と積極的に好奇心や探究心をもってかかわり、それらを生活に取り入れていこうとする力を養う観点から示された内容を扱うものである。
本講義では、この中で特に、こどもが自然環境と接しているときの保育者の役割を考えていきたい。まずは、保育者自身が自然環境への興味・関心をもってもらいたい。
到達目標は以下のとおりである。
・自然環境と親しみ、触れ合い、さまざまな自然現象に興味・関心をもつ
・自然環境に関する知識を身につける
・自然環境の中で、観察する、発見する、工夫する、そして、危険を回避する能力を身につける

授業計画

[前期]
1.この授業の背景とねらい
2.幼児をとりまく環境
3.幼児の発達と環境
4.環境と幼児教育
5.季節とのかかわり
6.自然現象とのかかわり
7.身近な生き物とのかかわり
8.数・量・図形とのかかわり
9.環境と保育実践(二十日ダイコン)
10.環境と保育実践(花)        畑での実習を実施
11. 環境と保育実践(ミニトマト)
12. 環境と保育実践(バレイショ)
13. 指導計画
14. まとめ(1):実習のまとめ
15. まとめ(2):子どもと自然環境

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

座学と実践の2部構成。実践の一つとして、各自が大学内の畑(一人あたり8㎡)を利用して植物を育てる。

試験と成績評価

授業態度、レポート、植物の観察・管理、授業内の試験により評価する。

担当教員から受講生諸君へ

1.農作業中は危険も伴うので、事前の説明をしっかり聞くこと。
2.清楚でうごきやすい服装に心がける(靴等)。春先の寒い時期は暖かい服装がよい。
3.畑は他の学科が使用する、畑の使用上のルール(随時連絡)は必ず守ること。
4.実習中の教員は全体に目が届かないことがあるので、農場職員の指示・指導にも従うこと。

使用教材

教科書:配布プリント