Topトップへ

保育の心理学Ⅱ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育の心理学Ⅱ担当: 保坂 和貴(ほさか かずたか)

開講コース

保育学科 1年次 後期

目的と内容および到達目標

保育・幼児教育という営みにとって、子どものこころのあり方、その成長・発達のあり方を理解することは必要不可欠な事柄です。保育の心理学Ⅱでは、保育の心理学Ⅰの内容を踏まえ、保育・幼児教育の現場での具体的な事例に基づきながら、子どもの成長・発達にとってどのような支援・働きかけが必要なのかを考えます。また、発達障碍をはじめとする特別な支援ニーズのある子どもの保育について学びます。

到達目標は以下のとおりです。
・保育・幼児教育の現場における年齢に応じた子どもの特徴的な姿を捉えることができる。
・子どもの発達を踏また実践記録を作成することができる。
・年齢に即した子どもとの関わり方(生活や遊びを通した子どもの学び)について考えることができる。
・発達障害をはじめとした特別な支援ニーズのある子どもについて理解し、適切な働きかけ・支援のあり方を考えることができる。

授業計画

[後期]
1.オリエンテーション:子どもの発達を理解する
2.保育実践記録の作成①:実践記録とは何か
3.保育実践記録の作成②:実践記録の作成
4 0歳児の保育事例と検討
5.1歳児の保育事例と検討
6.2歳児の保育事例と検討
7.3歳児の保育事例と検討
8.4歳児の保育事例と検討①:心理を中心として
9.4歳児の保育事例と検討②:人間関係を中心として
10.5歳児の保育事例と検討①:心理を中心として
11.5歳児の保育事例と検討②:人間関係を中心として
12.発達障碍について
13.障碍のある子どもの保育・幼児教育
14.「気になる」子どもの支援について
15.まとめ:子どもの理解から保育へ

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

保育現場から報告されている実践事例に加え、自身の実習の体験を事例化(実践記録を作成)し、それらの事例をもとに保育・幼児教育のあり方について議論するゼミナール形式の授業を行ないます。

試験と成績評価

実践記録の作成、および授業内でのディスカッション、リアクションペーパーから総合的に評価します。

担当教員から受講生諸君へ

人間の発達過程ほど複雑で興味深いものはありません。保育・幼児教育の現場で出会う子どもたちをイメージしながら、子どものこころの成長・発達にとってどのような保育・教育的な働きかけや支援が必要なのかを、具体性をもって考える力を身につけて欲しいと思います。

使用教材

教科書:使用しません。
参考書:授業の中で適宜紹介します。