Topトップへ

保育の心理学Ⅰ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育の心理学Ⅰ担当: 保坂 和貴(ほさか かずたか)

開講コース

保育学科 1年次 前期

目的と内容および到達目標

保育・幼児教育という営みにとって、子どものこころのあり方、その成長・発達のあり方を理解することは必要不可欠な事柄です。保育の心理学Ⅰでは、保育現場で関わる年齢期に応じた子どもの心理と身体のあり方、およびその成長・発達について概説します。そして、子どもの心理を理解することで、どのような保育・幼児教育が可能なのかについて考えます。

到達目標は以下の通りです。
・乳幼児期の年齢に応じた子どもの心理・身体について説明できる。
・乳幼児期の子どもの成長・発達の過程について説明できる。
・保育・幼児教育の現場における子どものこころのあり方、発達の過程を理解し、適切な働きかけや支援のあり方を考えることができる。

授業計画

[前期]
1.保育の心理学とは何か:子どもの発達を理解することの意義
2.胎児期・新生児期の発達と特徴
3.乳児期の発達と特徴
4.幼児期の発達と特徴
5.0歳児のこころとからだ
6.1歳児のこころとからだ
7.2歳児のこころとからだ
8.3歳児のこころとからだ①:3歳児の心理
9.3歳児のこころとからだ②:3歳児の人間関係
10.4歳児のこころとからだ①:4歳児の心理
11.4歳児のこころとからだ②:4歳児の人間関係
12.5歳児のこころとからだ①:5歳児の心理
13.5歳児のこころとからだ②:5歳児の人間関係
14.障碍のある子どもの保育・幼児教育①:発達障碍について
15.障碍のある子どもの保育・幼児教育②:気になる子の支援について

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

板書を中心として、適宜配布資料や映像資料などを用いて進めていく予定です。またリアクション・ペーパーを作成し、それを題材として講義を進めることもあります。

試験と成績評価

平常点(授業態度、リアクション・ペーパー)と期末試験により、総合的に評価します。

担当教員から受講生諸君へ

人間の発達過程ほど複雑で興味深いものはありません。こころを形作る諸側面がどのように関連しあいながら発達していくのか、乳幼児期のこころのあり方が、後の成長・発達にとってどのような意義をもつのかを、自分自身の育ってきた道程を振り返りつつ、考えてみたいと思います。

使用教材

教科書:神田英雄.(2008).はじめての子育て 育ちのきほん:0歳から6歳.ひとなる書房
参考書:講義の中で適宜紹介します。