Topトップへ

保育教材研究Ⅲ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育教材研究Ⅲ担当: 山田 英吉(やまだ えいきち)

開講コース

保育学科 1年次 前期

目的と内容および到達目標

保育において必要な豊かな表現力と創造性を高めるために、
・身近な素材や用具の特性を理解し、魅力ある教材づくりや装飾への活用を学ぶ。
・幼児の集団製作の指導、行事等の装飾に活用できる製作の知識・技術の向上を図る。
・伝統的な民具や玩具に見られる技法、魅力を学ぶ。

到達目標は以下のとおりである。
・身近な素材、用具の特性を理解し、効果的に製作に生かす態度を身に付ける。
・イメージを共有し、協力しながら積極的に製作する態度を身に付ける。
・効果的に伝える表現力を身に付ける。
 ・保育の現場で必要とされる知識や技術とともに魅力ある表現を目指す態度を身に付ける。

授業計画

[前期]
1.オリエンテーション
2.絵本・物語の世界をつくる(脚本)
3.絵本・物語の世界をつくる(キャラクター)
4.絵本・物語の世界をつくる(舞台美術)
5.絵本・物語の世界を体験させる(展開・演出)
6.バルーンアート(動物)
7.バルーンアート(行事の装飾)
8.集団制作(ねらいと展開方法)
9.集団制作(ビッグアート・壁画)
10.伝統民具に学ぶ
11.伝統民具をつくる (保育室を飾るモビール)
12.プラバン製作
13.カプラによる表現
14.表現と鑑賞
15.まとめ

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

講義で学んだことを実技で確かめていく。
幼児の集団製作の流れや保育者の共同製作、装飾の参考になる実践例を紹介する。
基礎科目入門や保育教材研究Ⅱで製作した作品も活用し、発表の場を設けて、より実践的に学ぶ。

試験と成績評価

授業態度と実技・作品の内容で総合的に評価する。
発想の豊かさ、探求心、独創性や個性を生かした作品制作、完成度を重視する。

担当教員から受講生諸君へ

幼児の造形教育を考えるとき、基礎能力というものが根本的な問題になる。教師が真剣に指導に取り組むとき、基礎能力をどの子にもおくりとどけようと考えるであろう。そのためには、教師としての基礎能力を自らが身につけなければならない。

使用教材

参考書 :題材ごとに紹介する。
資料 :必要に応じて配布する。