Topトップへ

保育教材研究Ⅰ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育教材研究Ⅰ担当: 大和 正枝(やまと まさえ)

開講コース

保育学科 1年次 前期

目的と内容および到達目標

(入学したての学生なので)年齢別の子どもの様子の把握、その年齢に見合ったおもちゃ、必要な働きかけ等を実際におもちゃに触れたり、作ったりし学習していく。その過程でどんな保育教材があるかを具体的に学んでいく。

到達目標は以下のとおりである。
 ・子どもの発達の特徴を理解している。
 ・年齢に合ったおもちゃはどんなものがあるか、理解できる。
 ・保育の中で必要な保育教材を理解している。

授業計画

[前期]
1.入学した今、「子ども」「保育者」イメージを聞いてみる(学生と初対面なので、コミュニケーションを図る)
  お店屋さんごっこ(紙の“バッグ”シールの売り物を工夫する)など
2.年齢別発達のアウトラインを伝える(口頭、プリント、参考書籍、おもちゃの紹介などで) 簡単な製作・・・シール貼りなど        
3.実際におもちゃを紹介し、どんなおもちゃがあるか紹介する
4.手作りおもちゃ製作(外で遊べるものを作る )
5.簡単なゲーム遊びを取り入れ、学生さんのコミュニケーションを密に(タイムトライアル、既成の
おもちゃなどを使って)
6.手作りおもちゃを作る              季節に合った折り紙(小作品、壁面・・・)
7.前週の手作りおもちゃの作り方の説明書づくり①  絵画制作(くれよん、綿棒での絵の具・・・)
   (指導案作りの練習)              手作りおもちゃ                
8.絵画製作(季節に合った題材で)           <いろいろな製作教材を紹介していく>                         
9.前週の絵画制作の進め方をプリントに
(指導案作りの練習)
10.外で遊べる手作りおもちゃや活動を考える        
11.3回目とは違うおもちゃを紹介し、おもちゃを知る
12.手作りおもちゃを作る
13.前週の手作りおもちゃの作り方の説明書づくり② 
14.今まで作ったもの(折り紙etc・・・)を活用して壁面構成やカード作り        
15.既製のおもちゃで遊ぶ(カードゲームなど)

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

講義と手作りおもちゃ・絵画製作、実際におもちゃに触れて乳幼児の姿、年齢に合った保育教材について学ぶ

試験と成績評価

レポート提出(年齢にあったおもちゃの理解、まとめ)、作品づくり、授業態度で評価する

担当教員から受講生諸君へ

乳幼児の大まかな姿を学び、その年齢に合った教材を知り、「保育」の現場や学習することが楽しいと思えるよう進める。(子どもの姿や年齢に合ったおもちゃを実際に触って遊んでみる。)

使用教材

教科書 :適宜プリントを用意する。
参考書 :授業の中で紹介する。
用具 :工作の用具等を個々に準備する。