Topトップへ

保育実習Ⅰ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育実習Ⅰ担当: 高島・山田(克)・坂井

開講コース

保育学科 1・2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

本授業は、保育士資格取得のための必修科目である。実習を通して、保育所・児童福祉施設を中心としたさまざまな福祉施設の役割や機能を理解し、保育士の業務内容や職業倫理について具体的に学び身に付けることを目的とする。
到達目標は以下のとおりである。
・子どもの観察、子どもたちとの具体的なかかわりを通して、発達段階に応じた子ども理解を深める。
・既習の科目の内容をふまえ、子どもやその保護者および利用者に対する保育あるいは支援に関する知識や技能を身に付ける。
・既習の科目の内容をふまえ、保育および支援計画の立案、観察・記録、評価の方法を具体的に理解し、実際に行うことができる。
・保育所や福祉施設における保育士の業務内容やその職業倫理を具体的に理解することができる。

授業計画

[1年次保育実習(保育所)]
【実習期間】10日間
【実習時期】 8月中旬~9月初旬
【実習先】保育所
【主な実習内容】
・実際に保育業務を体験し、乳幼児の観察やかかわりを通して、その発達段階に応じた行動の特徴を理解する。
・子どもやその保護者とのコミュニケーションの方法を、実践を通して具体的に学ぶ。
・子ども理解に基づき、教材研究を積極的に行い、保育計画の立案から実践までを行う。
・実習日誌等の記録や指導担当者の助言をもとに、自らの実践を振り返り、改善を図る。
・通常の保育の他に保育所が展開する地域子育て支援事業等の活動を体験し、地域における保育に対するニーズを理解する。
・ 保育業務に参加するなかで、保育士のありようを観察し、保育士としての業務・職業倫理を学ぶと同時に、自己の課題を明確にする。

[1年次保育実習(施設)]
【実習期間】10日間
【実習時期】 2月中旬~3月初旬
【実習先】福祉施設
【主な実習内容】
・ 実際に福祉施設での業務を体験し、利用者とのかかわりを通して、その障害や特性に応じた行動の特徴を理解する。
・ 利用者とのコミュニケーションの方法を、実践を通して具体的に学ぶ。
・ 実習を通して、福祉施設の地域における役割や活動内容を理解する。
・ 実習日誌等の記録や指導担当者の助言をもとに、自らの実践を省察し、改善を図る。
・ 福祉施設での業務を体験するなかで、施設職員・保育士のありようを観察し、施設職員・保育士としての業務・職業倫理を学ぶと同時に、自己の課題を明確にする。

単位数

4単位

講義の進め方

・保育所の場合は、原則として自宅からの通勤が可能な実習先を選定し、10日間の実習を行う。
・福祉施設の場合は、北海道内の社会福祉施設等の中から実習先を選択し、原則として住み込みで10日間の実習を行う。

試験と成績評価

①保育実習事前指導におけるレポート等の提出物の内容(15%)、②「保育実習日誌」の記入状況・内容(20%)、③保育実習校からの「保育実習評価」(30%)、④保育実習巡回指導教員による「巡回指導報告書」の内容(15%)、⑤保育実習事後指導における「保育実習レポート」の内容(10%)、⑥保育実習事後指導における「実習報告会」の発表・内容(10%)

担当教員から受講生諸君へ

保育実習指導をはじめ、事前に学習した内容をふまえつつ、机上では学べない様々な体験を積んでほしい。保育業務の学びだけでなく、一社会人としての自覚を持って、挨拶・言葉使い・身だしなみ等基本的マナーに留意すること。また、実習期間中の健康管理にも十分気を付けてほしい。

使用教材

実習日誌他、必要に応じて適時配布する。