Topトップへ

保育実習指導Ⅲ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育実習指導Ⅲ担当: 保坂・高島・山田(英)・山田(克)・坂井

開講コース

保育学科 1・2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

この科目では、施設実習を実り豊かにするために、施設実習の意義と目的を理解し、保育について総合的に学び、施設実習や既習の教科の内容とその関連性を踏まえ、実践力を養うことを目的としている。

到達目標は以下のとおりである。
・児童福祉施設などの機能、役割について実習体験を通して、理解し発表することができる
・実習での観察、記録及び自己評価等を踏まえ、今後の改善について事例を通して学ぶことができる。
・保育士の専門性と職業倫理について理解し、説明することができる。
・実習の事後指導を通じて、実習の総括と評価を行い、保育に対する課題や認識を明確にし、発表することができる。

授業計画

[1年次]
1.施設実習に臨むにあたって
:実習園確認・施設見学の反省
2.福祉施設等の理解(制度と現況)
3.福祉施設等の理解(知的障がい者)
4.福祉施設等の理解(児童福祉)
5.福祉施設職員の専門性と職業倫理
6.特別講義① :知的障害者施設の実際
7.特別講義② :児童養護施設の実際
8.福祉施設実習に関わる要点整理

[2年次]
1.観察・記録・評価 :日誌の作成(基礎項目)
2.観察・記録・評価 :日誌の作成(応用項目)
3.実習に向けての準備(実習先の支援内容調査)
4.実習に向けての準備(実習課題の設定)
5.実習に向けての準備(支援方法の学習)
6.実習に向けての準備(実習前の事前確認)
7.福祉施設実習に関わる要点整理

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

1年次の講義は、実習までに準備しなければならない知識、技術、心構えなどの全般と、実習の初歩的な実践能力を身に付けることを目標に進める。
2年次では、実習日誌の適切な記入方法や指導案作成に重点を置く。

試験と成績評価

授業への参加態度、実習に対する準備の程度、実習先より提出された評価、実習中の実習日誌、その他の資料をもって総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

毎時間、実習にかかわる重要な事柄にふれるため、この講義には特に重視して臨む必要がある。
実習先では、遅刻、欠席、提出物の遅れは厳しく評価される。この講義でも遅刻、欠席、提出物の遅れは厳しく評価するので注意すること。

使用教材

教科書 :幼稚園教育要領・保育所保育指針
参考書 :必要に応じてプリントを配布する。