Topトップへ

畑作実習 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

畑作実習担当: 岩谷 豊、東田 修司

開講コース

環境農学 2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

主要目的は、畑作輪作に組み込まれる主要4作物の特徴と栽培方法の要点を学ぶことにある。実際の畑作生産
の場は機械化されているので、作物を触れじっくり観察する機会は意外に少ない。実習では作物を自ら手植えし、
栽培管理することにより、畑作物の特性と育っていく様を体感できる。
 到達目標は以下のとおりとする。
・畑作物の栽培を体験することを通して、生育の有り様を知る。
・畑作物栽培管理の流れと要点を理解している。
・畑作物の調査項目、調査方法を習得するとともに、圃場試験の結果を取りまとめ考察できる。

授業計画

[前期]
1.ガイダンス、肥料秤量と施肥準備
2.秋まき小麦栽培管理、圃場区画
3.てんさい移植
4.ばれいしょ播種
5.秋まき小麦止葉期調査、分肥
6.豆類播種、
7.ポット試験調整
8.小麦出穂期調査、栽培管理
9.てんさい初期生育調査、栽培管理
10.ばれいしょ初期生育調査、栽培管理
11.畑作物根圏調査、栽培管理、ポット調査
12.豆類生育調査、栽培管理
13.てんさい生育調査、栽培管理
14.秋まき小麦収穫、緑肥調査、栽培管理
15.ばれいしょ生育調査、栽培管理、ポット収穫

[後期]
1.ばれいしょ収穫、調査
2.秋まき小麦播種
3.小豆収穫
4.小麦脱穀、収穫調査
5.大豆収穫
6.てんさい収穫、豆類脱穀
7.てんさい糖分など調査、緑肥収穫
8.データ取りまとめ、レポート作成

単位数

2単位、授業回数:23回 2コマ連続授業

講義の進め方

植え付け、除草など栽培管理、収穫など農作業とデータの収集、とりまとめを主体に授業をすすめる。作業お
よび天候の都合上、適宜座学も取り入れる。受講者は、講義時間に実施した作業内容や、作物生育の様子、作物
の生育期節などを実習ノートに記録する。それらの記録は採点の対象となる。栽培管理、収穫調査及びデータの
とりまとめを終えるまでは、授業を続けることとする。連輪作、耕盤層問題、緑肥、新品種などは座学主体に学ぶ。作物学関連の講義や土壌管理学および2年生ゼミナールとも関連させて、授業を進める。

試験と成績評価

実習記録の筆記テスト、レポート、学習態度および授業への参加状況などに基づいて総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

ほ場面積や機材の関係上、受講者数の上限を30名程度とする。
適期作業を逃がさないように補講を行う。雨天などで作業が出来ないこともある。また、作業のピーク時には授
業時間以外にも補講を行う。作物は待ってくれない。授業時間外にも作物を観察して欲しい。作物の見方を会得す
ることも授業の目的である。数字からだけでは、充実したレポートを書くことはできない。
 本実習では作物を単に栽培するばかりでなく、試験処理を設ける。データ取りは真剣に行う。質の悪いデータが
ほんの少し紛れ込むだけで、実験結果全体の質が大幅に低下し、レポート作成時に支障をきたす。また、その元に
なるほ場管理を真剣に行う。履修学生は作業内容を理解し、どうすれば円滑に進むかを考えて、自ら行動すること
を求められる。当然、整理整頓、清掃に心がける。栽培管理の日付や所得したデータをファイルし、保存管理する。
数字が無くてはレポートは書けない。

使用教材

各自、作業服、長靴、作業用の手袋などを用意する。  
必要に応じて教員がプリントを配布する。畑作物生産学、土壌管理学などの教材も適宜活用する。