Topトップへ

言語 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

言語担当: 山田 克已(やまだ かつみ)

開講コース

保育学科 2年次 前期

目的と内容および到達目標

この科目は、子どもの言語表現等に関する基礎的な知識や技術を身に付けることを目的としている。特に言葉の発達に応じた絵本や紙芝居、人形劇、ストーリーテリングなどに関する知識や技能を習得する為の演習を中心とした活動である。

到達目標は以下のとおりです。
・子どもの発達と絵本、紙芝居、人形劇、ストーリーテリング等に関する知識と技能を身に付けることができる。
・子どもの経験や様々な表現活動と児童文化財などとを結びつける遊びの展開を考え、発表することができる。
・子どもの言語活動を促すための指導法や保育者の役割を理解し、習得を援助する基礎的技術を身に付けることができる。

授業計画

[前期]
1.オリエンテーション
2.子どもの「言語表現」に関する内容と指導のねらいについて
3.子どもの「言語表現」の展開の仕方について
4.子どもの言語活動を促す「遊びの展開」(伝言遊び)
5.子どもの言語活動を促す「遊びの展開」(しりとり)
6.子どもの言語活動を促す「遊びの展開」(替え歌)
7.子どもの言語活動を促す絵本教材の製作
8.子どもの言語活動を促す絵本教材の実践発表
9.子どもの言語活動を促す紙芝居教材の製作
10.子どもの言語活動を促す紙芝居教材の実践発表
11.子どもの言語活動を促す人形劇教材の製作
12.子どもの言語活動を促す人形劇教材の実践発表
13.子どもの言語活動を促すストーリーテリングの考え方とは
14.子どもの言語活動を促すストーリーテリングの実践
15.エプロンシアターの実践

単位数

1単位、授業週数:15回

講義の進め方

言語表現などに関する知識や技能を習得するために、講義形式のみならず演習形式でも行う。

試験と成績評価

授業態度・レポートなどから総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

子どもの言語活動を援助する知識や技術を身に付けるためには、紹介する参考文献や資料だけではなく、関連すると思えわれる文献を自ら探し読んでおく姿勢が大切です。

使用教材

教科書:幼稚園教育要領
参考書:各種資料を適時配布