Topトップへ

中級簿記 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

中級簿記担当: 滝田 進(たきた すすむ)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 後期

目的と内容および到達目標

前期の簿記の履修内容に、会計情報を理解するためには、会計というシステム自体に対する理解を促す。
会計は固有の論理に基づく独特の技法であり、これを理解し、会計の習熟を目指す。
情報化社会の中、会計データの入力から会計情報の出力まで瞬時に完了してしまう今日の状況にあって、簿記の重要性はますます高まるばかりである。その活用能力を学ぶ。

到達目標は以下のとおりです
・初級簿記(前期履修・修得者)の履修・修得された知識・技能を会計理論に結びつけ理解する。
・日本企業会計原則・計算書類規則に準じた財務諸表の作成と活用を理解する。
・理解度に即応し、日本商工会議所簿記検定の受験と合格を目指す。

授業計画

[後期]
1.現金取引の記帳
2.当座預金取引の記帳
3.商品取引の記帳
4.掛取引の記帳
5.手形取引の記帳
6.貸倒損失と償却債権取立益
7.掛取引以外の債権債務
8.有価証券の取引
9.固定資産の取引
10.資本金と引出金の取引
11.費用・収益の繰延べ
12.費用・収益の見越し
13.消耗品の処理
14.決算整理と8桁精算表
15. 会計処理と決算

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

講義を欠席しない(欠席時の講義内容は補充を要する。)
講義終了時、毎時小テストの実施
拓大会計研究所の教科書問題の反復学習
総合学習にて、体系的な会計理論と実務の理解を目指す
正当な理由ある欠席学生の補充の充実を図る

試験と成績評価

毎時の小テスト・後期テスト・講義の受講姿勢
向学心旺盛な自学自習の態度(予習と復習)
日本商工会議所簿記検定取得者の単位認定を認めます
質問等の課題解プロセスの頻度を重視します

担当教員から受講生諸君へ

簿記(会計学)を学ぶ「志ある者は、事ついに為る」事を信じ、会計理論の取得と活用能力を高める努力を期待します。
簿記の初心者は、心配することなく講義を受講してください。新たな自己の発見が、将来の自己実現の可能性に連動することを願い、熱く講義を担います。
講義の進め方は、昨年度(講義の目的・理解度・満足度は高い)の学生評価を重視し、講義の改善・工夫を約束します。

使用教材

教科書:入門企業簿記 理論と演習 拓殖大学会計教育研究所 編著
参考書:日本商工会議所 簿記検定問題集(検定受検者個々人が購入)