Topトップへ

地域観光ビジネス論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

地域観光ビジネス論担当: 落合・永山・山崎

開講コース

地域振興ビジネス 2年次 後期

目的と内容および到達目標

この授業の目的は、「観光立国」を掲げる我が国の中で、北海道地域での観光の歴史やその成り立ち、社会的役割を理解するとともに、将来を見据えた課題など基礎知識を習得する事にある。
前半の講義(1~8回)では、北海道地域での観光ビジネスの実態を学び、旅行業をはじめとして各業種ごとの課題などを解説する。
また後半の講義(9~14回)では、地元北海道の基幹産業としての観光ビジネスを、その特徴的な事例や先進事例などを紹介しながら、課題や将来展望を学ぶ。さらに15回目には北海道地域における観光の展望を考察するレポート提出を行い、学力を評価する。
到達目標は以下のとおりである。
・観光ビジネス全般に関する基礎知識を習得し、これらの業界構造や社会的位置づけ、課題等を学ぶこと。
・地元北海道における観光ビジネスの実態を知り、新たな観光プランを創出できる基礎知識を得る事。

授業計画

[後期]
1.はじめに・・・地域観光ビジネスとは
2.観光ビジネスの歴史と発展、業種や職種
3.地域観光ビジネスの仕組みや種類
4.北海道の旅行業界
5.北海道の旅行業界とサプライヤー①(ホテル・旅館・土産・観光施設)
6.北海道の旅行業界とサプライヤー②(航空・バス・レンタカー・運輸機関)
7.地域観光ビジネスの課題
8.主要経済指標と観光ビジネス
9.北海道の魅力的な観光資源
10.北海道の地域観光と「ニューツーリズム」
11.北海道の地域観光 ①「訪日観光と先進事例」
12.北海道の地域観光 ②「エコツアー・文化産業観光」
13.北海道の地域観光 ③「食文化観光」(レポート指導)
14.北海道の地域観光 ④「観光と第1次産業の連携」
15.北海道の地域観光の展望・レポート提出

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

各回パワーポイント10枚程度を利用し説明する。必要に応じて黒板も利用する。
また講義単位に「本日のまとめとポイント」を解説し、分かりやすく講義を進めて行く。

試験と成績評価

授業への参加度(50%)とレポート提出(50%)で評価する。
全授業数の4分の1を欠席した場合は、単位取得の資格がなくなるため「F評価」となる。
なお授業開始20分以内に入室した場合のみ「遅刻」とする。

担当教員から受講生諸君へ

講義の内容は、北海道経済の主力産業としての観光ビジネスの実態について、最新の情報や各種先進事例などを紹介しながら、よりキャリア教育も意識して、実務的かつ実践的に説明を行う。
また講義の中で、レポート作成の仕方などについても指導を行う。

使用教材

教科書:使用しない。
参考書:授業の中で必要に応じて紹介する。