Topトップへ

キャリア技能Ⅱ(小型クレーン) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

キャリア技能Ⅱ(小型クレーン)担当: 大道 雅之(おおみち まさゆき)

開講コース

環境農学 1・2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

産業界の発展とともに、生産及び流通機構の業務の中で多種多様な荷物の運搬が増大し、クレーン等の運搬荷役機械の利用も年々増加してきている。農業分野においても同様であり、積載型トラッククレーン等を使用する作業安全を確保するためには、これに従事する者、なかでも作業者には移動式クレーンに必要な知識と技能を身につける必要が不可欠である。このため、労働安全衛生法において、つり上げ荷重1t以上5t未満の小型移動式クレーンの運転業務には移動式クレーン運転士免許所持者または、小型移動式クレーン運転技能講習修了者でないと就業できない。本授業は、学生のキャリアアップを図るため同技能講習を実施する。

到達目標は以下のとおり。
・移動式小型クレーン運転作業者に必要な知識、技能の習得により安全な作業が行える
・労働安全衛生法による移動式小型クレーン運転技能講習修了証の取得

授業計画

出張技能講習依頼先の教習センタのカリキュラムによる。
1日目
 学科   クレーン等に関する知識、力学に関する知識、玉掛け用具、玉掛け方法について
2日目
 学科   関係法令 
学科試験
 演習   実際の荷を使用したクレーン作業(運転のための合図)
3日目
 演習   実際の荷を使用したクレーン作業(クレーンの運転と荷作業)
 技能試験

単位数

1単位、授業日数:3日

講義の進め方

研修の時期は後期の土曜日、日曜日、祝日の3連休に実施する。年度初めに開講時期を知らせる。本学にて出張技能講習を依頼する教習センタ講師で行う。本学では事前に受講説明会を開き、受講申請書を書いて提出してもらう。受講時には、本籍のわかる住民票、免許サイズの証明写真2枚が必要。

試験と成績評価

教習センタの授業を受講し、学科試験・技能試験に合格した者は、労働安全衛生法による移動式小型クレーン運転技能講習修了証が交付されるとともに「キャリア技能Ⅱ」1単位を付与する。

担当教員から受講生諸君へ

技能講習は出張講習の形を取っており、学外の教習センタ講師の指導を受けるので、学生らしい態度、実技の出来る服装が必要。1,2年次に自分にあったときに受講可能であるが、年1回の開講であるので開講時期がいつになるのか注意が必要。受講費用は平成27年度の場合教科書、試験費込みで50,000円である。なお、「玉掛け技能講習」修了者は44,000円である。

使用教材

教科書:小型移動式クレーン運転者教本((株)日立建機教習センタ)