Topトップへ

病害虫総合管理実習 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

病害虫総合管理実習担当: 大道・生方・岡﨑

開講コース

環境農学 2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

1年次の病害虫管理学では、病害虫防除技術の基本を学んだ。本実習では、実際に農場で栽培されている作物について、病害虫発生の実際について調査、観察、検鏡診断するとともに、病害虫の発生状況に対応した防除対策の実践を行う。また、防除効果等について確認する方法について学ぶ。

到達目標は以下のとおりである。
・北海道における主要作物の病害虫に関する基礎知識を習得する。
・簡易な病害虫診断技術を習得し、病害虫防除が実践できる。
・総合的管理技術を理解し、適期に防除対策を講じることができる。

授業計画

[前期]
1.管理実習の進め方、農業生産と農薬
2.コムギの雪腐病の圃場観察・検鏡診断
3.イネ玄米の病害虫被害の観察・診断
4.コムギのうどんこ病の圃場観察・検鏡診断
5.イネ害虫の越冬調査
6.野菜害虫トラップの圃場設置、調査方法
7.ダイズのタネバエの圃場診断・検鏡
8.タマネギの病害虫の圃場診断・検鏡
9.露地花壇花に発生する病害の圃場診断・検鏡
10.露地花壇花に発生する害虫の圃場診断・検鏡
11.イチゴの病害虫の観察・調査
12.ダイズのコナジラミ類、ハダニ類の観察・調査
13.コムギの夏期病害の圃場観察・検鏡
14.害虫発生予察法
15.イネの夏期病害の圃場観察・発生調査

[後期]
1.細菌類の菌泥の観察、その対策
2.センチュウの土壌から分離・検鏡、その対策
3. 糸状菌の形態観察、その対策
4.アザミウマ類の観察・検鏡、ウイルス病
5.アブラムシ類の観察・検鏡、ウイルス病
6.殺虫剤の作用部位と活用法
7.殺菌剤の作用部位と活用法
8.除草剤の作用部位と活用法、農薬の管理と保管

単位数

2単位、授業回数:23回 2コマ連続授業

講義の進め方

農場で栽培されている主要作物や一年草花卉の病害虫を教材とし、その発生消長及び被害・防除について実際に観察・検鏡し、体得するため圃場での作業が多くなる。それぞれ特徴のある病害虫について逐次レポートを作成する。

試験と成績評価

レポート及び実験ノートにより総合的に成績を評価する。

担当教員から受講生諸君へ

実習時に農薬を使用することがあるため、危険を伴うこともあることから、慎重かつ真面目に受講すること。
実習の時間内でできることは限られてくるので、意欲的な実習に期待する。

使用教材

教科書 :なし、毎回必要なプリントを配布する。
参考書 :「北海道病害虫防除提要」北海道植物防疫協会