Topトップへ

病害虫管理学 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

病害虫管理学担当: 八谷 和彦(はちや かずひこ)

開講コース

環境農学 1年次 後期

目的と内容および到達目標

現代の病害虫対策は、病害虫の発生様相の多様化、栽培方法の変化や外来の病害虫の増加、食の安全・安心や環境問題などに対応するため、単に農薬を施用するのではなく、高度な知識を持って、多様な防除手段を組み合わせて実施する総合的病害虫管理(IPM)が基本である。そこでこの講義では、応用昆虫学と植物病理学の基礎、耕種的・物理的・生物的・化学的な防除法、農薬の基礎知識、および総合的病害虫管理の基本を学ぶ。

到達目標は以下のとおり  
・応用昆虫学、植物病理学、農薬学の基礎的な知識を持つ
・病害虫の多様な管理手法に関する基礎的な知識を持つ
・環境保全型農業における総合的病害虫管理の基本を理解している

授業計画

[後期]
1.作物保護とは何か
2.有害生物の分類と種類
3.昆虫の生理・生態・生活環
4.昆虫の形態・行動、作物の被害様相、主要作物の重要害虫種
5.作物の病害とは、病害の種類と特徴
6.病原体の伝染・作物侵入・発病
7.病原体の伝染環、作物の病徴とその識別、主要作物の重要病害
8.前半の授業(応用昆虫学、植物病理学)の総括と小テスト
9.病害虫防除の歴史、4つの防除技術(耕種的、物理的、生物的、化学的防除法)
10.病害虫の発生予察、防除暦、防除体制
11.総合的病害虫管理(IPM)とは
12.被害解析、経済的被害許容水準(EIL)、要防除水準(CT)
13.農薬の種類と性質
14.農薬の施用法、農薬が持つ長所・短所
15.クリーン農業における主要作物の病害虫防除法

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

教科書を使って講義を進める。また、随時、パワーポイントを映写したり、プリントを配布する。
記帳すべき要点の一部は板書しながら整理する。

試験と成績評価

第8回の授業内に小テスト、全授業終了後に期末試験を行って、到達目標への到達度合を総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

講義の予習・復習は、次の3つ。すなわち、①教科書の精読、②授業ノートの整理、③BlackBoardに掲載の副教科書(詳細な手作り教科書)のチェック。
なお、本科目では、実用的な知識・理解だけでなく、作物も昆虫も微生物も複雑で微妙な農業生態系の一員であること、病害や害虫の種類は多様でありその防除手段も実に多様であること、農薬にもたくさんの種類があって性質が全く異なり、病害虫防除が単純なものではないこと、などをしっかり学ぶことを期待する。

使用教材

教科書:『病害虫・雑草防除の基礎』大串龍一著(農山漁村文化協会)2007。
参考書:『北海道病害虫防除提要』(北海道植物防疫協会)2004、『植物防疫講座(3冊組)』(日本植物防疫協会)2003