Topトップへ

病害虫管理学 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

病害虫管理学担当: 大道・生方・岡﨑

開講コース

環境農学 1年次 後期

目的と内容および到達目標

作物を栽培する上で、病害虫の被害を受けることは非常に多い。栽培作物の種類、栽培法、作型が多岐にわたっているなかで、病害虫の発生様相も多様化している。この授業は病害虫管理学を初めて学ぶ学生を対象として、専門的知識よりも、食の安全・安心や環境問題に対応した病害虫に関する基礎知識を習得し、今後の作物栽培や農業経営の中で、防除を実践できる力を養うことを目的とする。そのためには、多様な病害虫の生体や発生について学び、耕種的・物理的・生物的・化学的防除等と総合的病害虫管理(IPM:Integrated Pest Management)の基本と農薬の基礎知識を学ぶ。

到達目標は以下のとおりである。
・病害虫の基礎知識を身につけ、現場で対応できる力をつける。
・病害虫被害と防除法・農薬の基礎知識を身につける。
・環境保全型農業における総合的病害虫管理の基本を理解している。

授業計画

[後期]
1.病害虫管理学の進め方、病害虫の種類と症状
2.害虫による被害と分類
3.病害による被害と種類
4.病害虫の発生予察法
5.病害虫の防除
6.防除対策の種類、耕種的防除法
7.物理的防除法
8.生物的防除法
9.化学的防除法
10.農薬の種類と散布
11. 殺虫剤の効果と発現の仕方
12.殺菌剤の効果と発現の仕方
13.農薬の購入と保管
14.農薬の散布方法
15.周辺環境への影響と農薬中毒

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

病害虫の種類から始め、実践に役立つ基礎知識を習得できるよう教科書に沿って行う。

試験と成績評価

レポート及び数回の小テストにより総合的に成績を評価する。

担当教員から受講生諸君へ

病害虫に関する知識が少ない学生を対象としながら、徐々に作物に対する病害虫の被害を認識し、環境に優しい病害虫防除の方法を学び、自ら防除できる力を養うことが大切である。

使用教材

教科書 :「北海道農業入門、土壌肥料・病害虫編」北海道農業改良普及協会
参考書 :授業内で紹介する